妊婦は緑茶を飲むことができますか?

誇張されていない場合、緑茶は妊娠中に消費することができます。制限は1日3-4カップです。何世紀にもわたって健康をサポートする栄養素である緑茶は、抗酸化物質が非常に豊富です。抗酸化物質は、私たちの体の細胞損傷を排除する上で重要な役割を果たします。研究者たちは、緑茶は心臓病、高血圧、ある種の癌に対して有益であると主張しています。

一部の専門家は、緑茶の過剰摂取は体内の葉酸レベルに悪影響を与えると示唆しています。葉酸は、妊娠中に摂取する最も重要な栄養価の1つです。

ある研究では、妊娠段階で緑茶を過度に飲む女性の赤ちゃんは、神経管の欠陥を経験する可能性があると主張しています。証拠はほとんどありませんが、妊娠中は緑茶を避けることをお勧めします。

緑茶には他のお茶と同じようにカフェインが含まれています。カフェインは妊娠中はできるだけ避けるべき成分です。さらに、すべてのお茶は体による鉄の吸収を減らします。したがって、妊娠を避けて、ミルクや絞りたてのジュースなど、より栄養価が高く有益な飲み物を選ぶことができるかもしれません。緑茶やその他のハーブティーの摂取については、他のすべての問題と同様に、医師に相談することをお勧めします。

最近の投稿