きのこの利点

きのこは、ラテン菌と呼ばれる食品グループの野菜グループに含まれている非常に有用な食品であり、世界の多くの国で繁殖することができます。最近テーブルで頻繁に遭遇しているキノコの利点について知っておくべきことをリストする必要がある場合。

ビタミンDを含む数少ない自然食品の1つ

近年、ガンや肥満など多くの重要な病気に関係しているビタミンDは、当然、ごくわずかな食品に含まれています。 300gのキノコは毎日のビタミンDの20%を満たしています。

カロリーが非常に低く、きのこの形に注意を払う必要がある人にとって理想的な食べ物であり、さまざまな料理にも使用できます!!!

100gで約15〜20カロリー、きのこの85〜90%は水です。炭水化物とタンパク質の含有量は、コレステロールが0のキノコの方が高くなっています。飽和脂肪はありません。

きのこスープ、野菜料理、パイ、オムレツ、おかず、サラダによく使われます。少し固めにし、水分を失わないように、できるだけ短時間で調理するのが最良の調理方法です。

ショッピングリストに頻繁に表示されるはずです。

野菜の中でも栄養価と品質が高い

動物性食品にのみ見られるビタミンB12の他に、真菌種にもB12があり、その生物学的利用能(体への有用性)はより高くなっています。

•霊芝、椎茸、舞茸などのいくつかのキノコ誘導体は、生物学的利用能の高いキノコ誘導体としていくつかの研究で観察されています。

•きのこにはセレンミネラルが豊富に含まれています。セレンミネラルは、ガンから保護し、免疫力を強化する抗酸化物質としても認められています。

•きのこには硫黄含有アミノ酸のエルゴチオノエインが含まれており、このアミノ酸は体細胞の抗酸化作用を果たします。

•チアミン、リボフラビン、ナイアシン、ビオチン、ビタミンC、リン、カリウム、銅が豊富で、ビタミンとミネラルの含有量が非常に豊富です。この植物栄養素含有キノコ;それはそれが心臓の健康を保護すること、ある種の癌においてそして癌治療の間の免疫システムを強化することにおいて積極的な役割を果たすことを確実にします。

•含まれているCLA(共役リノール酸)のおかげで、脂肪組織の損失を増やし、非脂肪細胞を増やすという利点があります。したがって、それらの形態を維持し、除脂肪筋肉組織を増加させる利点を提供するのは食品の1つです。含まれているCLAのおかげで、乳がんと前立腺がんに有益な効果があることが観察されています。

•生物活性の高い含有量のキノコ誘導体の中には、治療目的、抗酸化作用、降圧作用、コレステロール低下作用、抗ウイルス作用、抗菌作用、駆虫作用などの医薬品の製造に使用されているものがあります。

•いくつかの癌研究では、白い真菌種が肝臓の解毒にプラスの効果をもたらすことが観察されています。

紛らわしい質問中毒!

キノコ中毒は、自然地域で栽培されたキノコを食べた結果として発生する深刻な中毒であり、生または調理済みの新鮮な乾燥または缶詰の有毒物質を含み、死に至ることもあります。可能な場合はいつでも、栽培されたキノコとヒラタケの派生物が好まれるかもしれません。

きのこを食べた後、嘔吐、吐き気、発熱などの症状が出た場合は、医師の診察を受けてください。新鮮で明るい白、皮をむいていない、傷のない、大きなキノコを選択する必要があります。冷蔵庫で最大1週間保管する必要があります。ディープフリーザーのビタミンとミネラルの含有量はほとんど無視できるため、通常は新鮮な状態で摂取する必要があります。

気を付けて!

不便な消費状態は、特にそれに含まれるプリンアミノ酸のために、腎臓病患者に不利な状況を生み出します。腎臓に有害な尿酸の生成を促進します。特に腎臓結石、痛風疾患、および多くの腎不全が存在する場合は、管理された方法で摂取する必要があります。

最後に、知られるべき真実。肉の代わりにきのこ

きのこは肉のグループとして数えることができる食品ではありません、それが含む栄養素は非常に有益ですが、それは肉/鶏肉/魚/卵などの動物性タンパク質の含有量が少ないです。 1対1の変更ではなく肉を好むと、さまざまな不十分さが生じます。

最近の投稿