静脈瘤の原因は何ですか?

静脈瘤は女性の40%と男性の25%に発生します。静脈瘤は、静脈の弁がうまく機能していないことが原因です。静脈瘤は心臓弁や心臓病とは何の関係もありません。拡大するすべての静脈が静脈瘤であるわけではありません。静脈瘤を予防および治療するための推奨方法を共有します。

静脈瘤とは何ですか、どのように形成されますか?

けいれん、脚の腫れ、静脈の隆起などの場合に発生する静脈瘤は、深刻な寸法に達することがあり、簡単な方法で治療できることもあります。静脈が腫れると、体や脚に痛みが生じ、見た目が悪くなります。

静脈瘤は、静脈の拡大と毛細血管の問題によって引き起こされます。

静脈弁の問題によって引き起こされる血管の肥大は、脚の傷や凝固を引き起こします。静脈弁が損傷すると、汚れた血液が逃げ出し、問題が始まります。重力に逆らって血液を動かすのは非常に困難です。静脈弁の破壊は、座りがちな人や立っている人によく見られます。これは、圧力が高すぎて、静脈内で血液が圧迫されて腫れているためです。

静脈瘤の他の原因と毛細血管の出血の原因は特定されていませんが、これは深刻な結果ではありません。

静脈瘤の種類は何ですか?

静脈瘤には多くの分類がありますが、通常は3つのタイプに分類されます。

大きな静脈瘤:4〜15mmの間で皮膚に直接突き出ている静脈瘤です。

中型の静脈瘤:これらは緑色の静脈瘤で、2〜4mmの範囲で皮膚にわずかに突き出ています。

毛細血管瘤:赤紫の皮膚に突出しない1〜2mm未満の静脈瘤です。

静脈瘤の影響を減らすために何が行われますか?

それは熱い静脈瘤の最悪の敵であり、湯浴、サウナ、トルコ風呂などの活動を避けてください。

熱とは異なり、寒さは静脈瘤を和らげ、腫れや痛みを和らげます。冷水でマッサージします。

立ったり座ったりしている間は、足を長時間ぶら下げたままにしないでください。デスクで働く人は、30分ごとに起き上がって移動する必要があります。

不活動は脚に圧力をかけ、これが静脈瘤の最大の原因です。採血する脚の圧力を下げるために、1日45分以上歩くと血行が良くなり、静脈瘤が予防されます。

静脈瘤の主な原因の1つは、太りすぎです。体が運ぶことができるより太りすぎであることは静脈に強い圧力をかけます。余分な体重を取り除くことはあなたの静脈瘤を防ぎます。

血管閉塞の最大の原因の1つは喫煙です。喫煙は、静脈内の血液循環を妨げることにより、圧力とうっ血を引き起こします。

かかとのある固い靴は、血液の循環を防ぎ、圧力を高めます。これは静脈瘤を引き起こします。

タイトなズボンやタイツの着用は避けてください。

静脈瘤の問題を抱える人々の最大の救世主である圧迫ストッキングは、静脈瘤の効果的な方法です。家族に静脈瘤の問題がある人や自分のリスクグループにいる人は、圧迫ストッキングで静脈瘤を防ぐことができます。

静脈瘤はハーブ法を通過できますか?

ゴツコラ工場

ゴツコラの根は、一日の終わりに脚の浮腫を防ぎ、皮膚の変色や痛みなどの静脈瘤の症状を大幅に軽減します。血液循環に影響を与えるゴツコラ。また、脳機能、記憶、うつ病などの症状にも効果的です。このハーブは、外科的創傷、乾癬、火傷、潰瘍にも治癒効果があります。

ブドウの種

ブドウ種子抽出物と皮を乾燥させて得られるブドウ種子は、強力な抗酸化物質です。ブドウ種子は血管透過性と脆弱性を減らし、浮腫と血管内出血を防ぎます。筋肉構造のカロゲンと弾性タンパク質を安定化させるブドウ種子は、静脈不全と静脈瘤に非常に効果的です。

ブルーベリー

ブルーベリーは抗酸化物質とアントシアニンの供給源です。それは血液循環を助けます。ブルーベリーはまた、静脈とコラーゲン組織の修復を助け、静脈瘤を引き起こす圧力と循環の問題を防ぎます。

セイヨウトチノキ

セイヨウトチノキ種子エキスは、着圧ストッキングの使用が不便な場合に使用できる方法です。この方法は、重度の静脈瘤のある患者の脚の太さと浮腫を軽減することが観察されています。

静脈瘤はどのように治療されますか?

最近、静脈瘤の治療に最も適用されている方法はレーザーです。レーザー治療により、血管の拡張によって引き起こされる不快な外観を大幅に取り除きます。

最近の投稿