スーパーフェミニン症候群の原因

ほとんどの人は46の染色体、22のペア、2つの性染色体を持っています。性染色体の1つは母親からのもので、もう1つは父親からのものです。これらの46の染色体には遺伝子が含まれており、遺伝子は身長から目の色まですべてを決定する情報を運びます。性ホルモンのうち、母親からのX染色体だけがあるかもしれません。 XまたはY染色体は父親から取得できます。したがって、性別は遺伝的に決定されます。 Xが父親から取得された場合、XXペアは遺伝的に女性を引き起こし、Yが取得された場合、XYペアは遺伝的に男性を引き起こします。

スーパー女性症候群(XXX症候群)の人は余分なX染色体を持っています。この状態は遺伝的ですが、遺伝性ではありません。母親の卵細胞や父親の精子細胞が正しく形成されていないため、赤ちゃんには余分なX染色体があります。卵子または精子の細胞分裂におけるこの偶然誤差は、非分離と呼ばれます。

時折、過剰なX染色体は、胚の初期発生段階まで現れません。これはモザイク型の超微細症候群と呼ばれます。モザイクタイプでは、一部の体細胞には余分なX染色体がありますが、そうでないものもあります。このため、症状はそれほど強くない可能性があります。

超女性症候群の症状には、目の内側の角を覆うことができる背の高い垂直の皮膚のひだ、言語能力と言語能力の発達の遅れ、筋緊張の弱さ、小指の傾斜、行動および精神的健康障害、便秘または腹痛、卵巣が含まれます異常。

生殖器領域のクリーニング

最近の投稿