菊の花:その意味、特性、利点は何ですか?維持する方法は?

菊の花は庭や鉢植えで簡単に育てられます。菊は一般的に10月か11月に咲く構造をしているので、その名をとる必要があります。菊という名前でも知られています。その壮大な色と特別な香りで、それはその多くの特権を持つ最も人気のある花の種類の1つです。

菊の花:その意味、特性、利点は何ですか?

菊は、最も特別で賞賛されている種類の花の1つです。短時間で広く新鮮な香りを放ち、元気でリラックスできる花のひとつです。同時に、色によって意味が違うと言えます。たとえば、白い菊は豊かさと無垢を表しています。ピンクの菊は愛情と愛を表しています。黄色い菊は暖かさと愛を表しています。最後に、紫菊は貴族を象徴していると言えます。この方向では、白、ピンク、黄色、紫の色から幅広い選択肢を提供します。

菊は、世界中の30種の花の1つです。それは一般的に秋に咲き、その長さは0.5メートルから1メートルの間で異なります。身長が40センチもあるものもあります。視覚的には、非常に快適な構造で、さまざまな機能があります。それは大小のデイジーの外観を持っています。粗い層状構造で、ボタンのような形をしています。さまざまなサイズの多層構造もあります。

菊の花のお手入れ方法は?

菊の花は一年中育つ特別な花のひとつです。このため、夏と冬の両方の月に別々にそれを世話する必要があります。

冬の菊の手入れ:菊は、30度まで抵抗力を保つことができる強い花の1つです。このため、寒さの多い都市で栽培することができます。ただし、冬季に合わせて特別な注意を払うことが重要です。特に-15度よりも寒い地域では、肥料、土壌、わらの混合物でその耐久性を高めることができます。さらに、冬のシーズンが終わったときに根からすべての枝を切ることは非常に有益な効果を提供します。

夏の菊の世話:冬のように夏になると菊の花の世話をすることが重要です。この方向では、春に菊の花を取り除く必要があります。特に頻繁かつ過剰な発芽がある場合は、2つまたは3つの方法でグループを分離すると便利です。滑らかな間隔で土壌に富んだ施肥を行うことにより、慎重に植える必要があります。

この方向では、各花の間に30cmの距離を残すことが重要です。それなら、7月まで定期的に灌漑を少なくするのがいいでしょう。 5月下旬に剪定すると、花や枝がより豊富に出てきます。 6月にカリウムが豊富なミネラル肥料を加えると、花がより強くなる機会が与えられます。

最近の投稿