センチュリーオイルの利点(自宅での準備方法)

注入という言葉は、ここでは「醸造」を意味するために使用されます。セントジョンズワートの花をオリーブオイルに数週間浸すことにより、この記事の主題は「センチュリーオイル」です。

おばあちゃんのおかげで、私が言ったように準備されたセンチュリーオイルを知っている人はたくさんいると思います。

センチュリーオイルは、痛みから消化不良までの万能薬のようないくつかの家庭でほぼ常に利用可能です。また、一度調製すると長持ちするので、手元に置いておくのがとても簡単なオイルとも言えます。

自宅でセンチュリーオイルを自分で準備する方法については、記事の最後に必要な情報があります。

センチュリーオイルは、日焼けに特に効果があり、傷を癒し、痛みを和らげるオイルです。しかし、それがうつ病に良いという主張は物議を醸しているようです。非常に軽度のうつ病の患者さんにプラスの効果があることが示唆されていますが、特に薬を服用している患者さんでは、副作用や症状の悪化などの研究結果があります。

センチュリーオイルのより一般的な使用法を見てみましょう。静脈瘤、痔核、筋肉の緊張、帯状疱疹、および多くの痛みの訴えには、センチュリーオイルが推奨されていることがわかります。

言葉を開いたら、センチュリーオイルの癒しの特性がどこに役立つのかを順番に見てみましょう:

抗炎症作用があります。

火傷、発疹、虫刺され、発疹、小さな傷や打撲傷の治癒です。

神経痛や坐骨神経痛に効果があります。

日焼けに良いです。

静脈瘤の治癒効果があります。

静脈を収縮させることで出血を止めます。

痔核に効果的です。

痛風、関節、筋肉の痛みを軽減します。

背中の痛みを和らげます。

経口摂取すると血糖値が下がります。

これらの利点についてもう少し詳しく説明すると、次のようになります。

多くの人が、センチュリーオイルは、たとえば、キッチンでの食事の準備中の転倒や打撃によって引き起こされる火傷、切り傷、打撲傷に非常に役立つと述べています。

セントジョンズワートは、長時間ベッドから出ることができないため、さまざまな傷、発疹、おむつかぶれのある患者の皮膚に治癒効果をもたらす可能性もあります。

ヘルペスを治し、効果的な結果を得るためにセンチュリーオイルを使用する人の数も少なくありません。

センチュリーオイルは、肌のきめを整えながら出血を止めるのに効果的です。これらの特性は、植物が痔核に良いことの背後にあると考えられています。

消化不良、ガス、便秘、腹痛などの消化器系の問題を抱えている人は、小さじ1杯のセンチュリーオイルを数日間飲むと言う人もいます。

センチュリーオイルは日焼けに効果的な解決策を提供しますが、太陽の下でセンチュリーオイルを使用しないと皮膚に汚れが生じる可能性があることを忘れてはなりません。火傷の場合は、日光が当たらないときに必ずセンチュリーオイルを塗ってください。

寝たきりのおむつかぶれだけでなく、赤ちゃんのおむつかぶれにもセンチュリーオイルをお勧めしますが、赤ちゃんに適用する前に医師に相談したいと思います。ハーブなので無害だと誤解しないでください。植物が利益を示す場合、それはそれらが多くの化学物質を含んでいるからです。

警告: センチュリーオイルは、1日に1杯以上のデザートスプーンを飲まないでください。また、何か問題があった場合にセンチュリーオイルを飲む場合は、2〜3日に制限してください。センチュリーオイルを数日または数週間経口摂取しないでください。

初めてでも違和感や副作用を感じた場合は、すぐにセンチュリーオイルの飲用をやめてください。あらゆる種類の薬(特に抗うつ薬や化学療法薬)を使用する人は、薬の効果を低下させたり、悪影響を及ぼしたりする可能性があるため、センチュリーオイルやサプリメントを服用しないでください。

妊娠中および授乳中の母親も、セントジョンズワートの使用を避ける必要があります。

最近の投稿