紫にんじんとは?紫にんじんのメリット

かぶ汁の原料となる野菜の一種に紫にんじんが登場。紫色のニンジンは、コンヤ、特に中央アナトリア地方で栽培されています。紫にんじんの利点は数えるだけではありません。紫にんじんカブジュースの原料であるだけでなく、目の健康や胃の病気の抗酸化剤としても機能します。

紫色のニンジンは、一部の地域ではカブニンジンとも呼ばれます。

冬の製品

抗酸化作用とアントシアニン作用があることが示されている紫色のニンジンは、特に冬に新鮮に摂取することができます。

コンヤで生産!

コンヤのエレリ地区は、11月と12月に収穫された紫色のニンジンの生産拠点として示されています。

エレリで栽培された紫色のニンジンは、世界の多くの国に輸出されています。

目の健康

いくつかの病気に対する消費に推奨されている紫色のニンジンの利点も非常に高いです。目の健康のために摂取することが推奨されている紫色のニンジンは、ビタミンAとセレンミネラルが非常に豊富です。

紫にんじんもサラダの場所を見つけることができます。

1日あたり2台のPC

1日2回まで摂取することが推奨されている紫色のニンジンの利点は次のとおりです。

紫にんじんのメリット

胃や潰瘍の病気に効果があります。

食べる量が少ない人の食欲を増進させる特徴があります。

人間の肌のシワを取り除きます。

それは免疫システムを強化します。

それは悪玉コレステロールに対して利益をもたらします。

肌を輝かせます。

動脈硬化症に効果的です。

血行を促進します。

利尿作用があります。

リウマチによる病気の発症を防ぎます。

便秘や下痢に効果があります。

最近の投稿