動物に狂犬病があるかどうかをどうやって知るのですか?

「狂犬病は、予防策を講じないと100%死亡する深刻な病気です」とDr. 「アジアとアフリカの国々では、毎年約5万人が狂犬病で亡くなっています。私たちの国は狂犬病の点で風土病です。

保健省は、2014年に発行された狂犬病フィールドガイドで、年間平均1〜2件の狂犬病が原因で死亡していると報告しました。再び同じガイドで、狂犬病を予防するために毎年平均18万人がワクチン接種および/または狂犬病血清であると述べられています。

「狂犬病を撲滅したのは世界でたった10人」

基本的な保護措置の開始時に、噛んだり、不審な接触があった場合は、必ず医師に相談する必要があると述べています。 「医師が適切と判断した場合は、ワクチン接種や狂犬病血清などの保護方法を適用する必要があります。病気が発症した後、特定の治療法はありませんが、いくつかの支持療法が介入されます。

明らかに、これは死を遅らせるだけです。医学文献には、狂犬病を患っているにもかかわらず、狂犬病を生き延びたのは世界でわずか10人であると述べられています。 「生存者は病気ですが、狂犬病は致命的な病気のリストの一番上にあります。」

動物が狂犬病にかかっているかどうかをどうやって知ることができますか?

猛烈な動物が攻撃的な特徴を示していることに注意して、博士。彼は立ち止まりました。「喉が渇いたとしても、猛烈な動物は水を飲むことができず、水でさえ動物の攻撃的な行動を引き起こします。動物、特に野良犬が動物を挑発しない限り、攻撃的な行動に遭遇することはありません。したがって、攻撃的な行動をとると、狂犬病になる可能性があります。

人間の狂犬病の症例の92%は犬が原因です。これに続いて、猫、コウモリ、そしてオオカミ、キツネ、イタチなどの他の動物がいます。 「冷血動物や、マウス、リス、ウサギなどのげっ歯類から狂犬病を感染させることは示されていない」と彼は述べた。

「狂犬病治療において科学は改善されなかった」

ルイパスツールが1885年に最初の狂犬病ワクチンを適用したと述べて、狂犬病の分野で大きな進展はありませんでした。ダードゥ氏は、次のように述べています。「今日、より信頼性の高いワクチンがあります。それとは別に、抗体を含む狂犬病血清が防腐剤として投与されています。しかし、ウイルスが神経系に到達した後、患者の死を防ぐ特定の治療法はありません。ここでの基本的な戦略はワクチン接種であり、必要に応じて、狂犬病が疑われる場合には狂犬病血清を適用する必要があります。

このため、無人・無ワクチンの猫、犬のような動物、動物の唾液と粘膜の接触、皮膚の開放創との接触などで怪我をした場合は、できるだけ早く専門医に相談する必要があります。保護措置を講じる」。

傷口を石鹸と水で洗う

そのような場合、傷口を大量の水と石鹸で洗う必要があることを強調します、博士。彼は立ち止まり、次のように言葉を続けた。

「傷口を水で洗うことでさえ、予防接種だけではありませんが、狂犬病から人々を守ります。大きな傷口でも加圧水を使用する必要があります。傷口の異物や唾液は石鹸水で取り除く必要があります。その後、アルコールまたはベタジンがある場合は、その領域を消毒する必要があります。

病気が発症した後は治療法がないため、狂犬病と診断された動物や人間の症例が存在する場合、保護される検疫エリアはある程度広く保たれます。これらの患者は、破傷風の予防と抗生物質治療の観点から確実に評価されるべきです。狂犬病が疑われる咬傷では、例外的な場合を除いて、傷口を4日間縫うべきではありません。」

最近の投稿