トイプードル犬の特徴は何ですか?子犬トイプードルの品種に関する情報

トイプードルの生産は、プードルの犬の生産地がドイツにあったとしても、もともとフランスで始まりました。この犬の名前は、長い脚の利点のおかげで水に飛び散る能力を持っている水たまりを意味するプードルに由来します。

 トイプードル犬

トイプードルの犬は、他の犬よりも柔らかく美しく見える別のコートを持っています。これらは知性の点で他の犬よりも強い知性を持っています。特にこれらの犬は、毛皮が縮れているため、おもちゃのように見えます。トイプードルはプードルファミリーの中で最小のメンバーであり、鼻の構造の点で他の品種を考慮すると、より顕著な鼻を持っています。トイプードルの犬は少し長い脚の構造をしています。このため、外から見ると体が少し運動しているように見えます。

 トイプードル犬の身体的特徴

トイプードル犬は、他のトイプードル犬種とは異なり、長い脚で際立っています。このタイプはアメリカや他の国のドッグクラブでは一般的に3つのサイズとして受け入れられていますが、FCIは実際には4番目のサイズであるミディアムサイズを受け入れています。その長い脚はまた、この品種にエレガントな外観を与えます。毛の構造が密集しているこの品種の犬は、毛皮の構造から、実際には脱落の点でナンバーワンと呼ばれています。この品種の寿命は13年から15年の間であり、これらの犬の体重は7kgから8kgの間です。長さ28cmから38cmのこれらのかわいい犬は、警備犬またはショー犬として使用することができます。

 トイプードル犬の性格特性

トイプードル犬は、非常に知的な犬種に属する犬です。彼らは常に新しい人々に対してバランスの取れた態度を取ります。これらの犬は好奇心旺盛な犬種として知られており、反対の見方をしない限り、常に新しい人と出会う傾向があります。一般的に他の犬やペットに対して攻撃的な態度を示さないトイプードルの品種は、時々吠える人に会うことができます。

基本的に、それは完全に訓練されていないときに甘やかすのに非常にオープンであり、それが知っていることを常に読むとは限らない犬種です。プードルの品種を訓練するのは簡単なので、犬が家に入るときに訓練を開始する必要があります。トイプードル犬は、おもちゃのサイズの他のそのような犬とは異なり、動くのが大好きで、常に遊びたいという欲求を持っています。このため、これらの犬は毎日このエネルギーを摂取する時間を与える必要があります。

 トイプードル犬のお手入れ

トイプードル犬は一般的に非常に活動的な犬であるため、非常に適切な順序で給餌する必要があります。この品種の犬が太らないようにする必要もあります。入浴中は髪をよく洗う必要があります。

 子犬トイプードル犬についての情報

これらの犬は子犬と一緒に早く訓練することができ、彼らは理解しています。この品種の子犬は、飼い主に大きく依存しています。羽毛が髪の毛のように太くて太いので、低アレルギー性の構造になっています。

最近の投稿