電解質バランスの重要性

電解質は体液に含まれる荷電粒子であり、電気信号を伝達して心臓、筋肉、神経が機能できるようにします。体内の電解質はナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウムです。体内の電解質バランスは、私たちの構成要素である細胞の正常な機能にとって重要です。不均衡な電解質レベルは、心血管系、胃腸系、中枢神経系などのシステムを危険にさらします。体内の電解質バランスが取れていない場合、脳卒中、発作、心臓発作、さらには死などの状況が見られます。

カリウムは、神経、血管、心臓の機能に重要な役割を果たしています。高カリウムレベル(高カリウム血症)は、治療せずに放置すると心臓発作に進行する可能性があります。重度の高カリウム血症は、塩化カルシウムまたはグルコン酸カルシウムで直ちに治療する必要があります。カリウムレベルが低いと、筋力低下や足のけいれん、錯乱、食欲不振、異常な心拍につながる可能性があります。カリウムレベルが低い場合、経口サプリメントまたは静脈内摂取はレベルを正常に戻すことができます。

ナトリウムの主な機能は神経信号の伝達です。水は体内の塩分に追随するため、ナトリウムの過剰または不足は水分の保持または喪失を引き起こします。ナトリウムが多すぎると、細胞が脱水状態になり、心拍数が速くなり、倦怠感が生じます。状態が悪化すると、混乱と筋肉のけいれんが起こります。治療せずに放置すると、過剰なナトリウムは発作、昏睡、または死を引き起こす可能性があります。低ナトリウムレベルは倦怠感につながる可能性があります。

マグネシウムには、筋肉機能、エネルギー生産、炭水化物、タンパク質代謝に関連する機能があります。高レベルのマグネシウムは、呼吸抑制、低血圧、心拍数の低下を引き起こす可能性があります。腎不全は、過剰なマグネシウムレベルの主な原因です。マグネシウム欠乏症は心筋に影響を及ぼし、異常な心拍を引き起こす可能性があります。

カルシウムは多くの機能を持つ電解質です。

それは神経信号を運ぶだけでなく、体の血液凝固メカニズムにも影響を及ぼします。それは強い骨と歯の構造に関与しています。それは心臓と柔らかい筋肉の収縮に役割を果たします。低レベルと高レベルの両方で、骨の痛みや突然の発作を引き起こす可能性があります。心筋と平滑筋のカルシウムの異常なレベルは、心臓、動脈、および静脈を崩壊させる可能性があります。

電解質の調節は多くの体のシステムに影響を及ぼし、人の健康にとって非常に重要です。体内の電解質バランスを維持する主な責任は腎臓にあります。

健康即時

最近の投稿