あごの右側が痛いのはなぜですか?

顎の右側の痛みは、顎骨自体の問題、または近くの組織、神経、頭や首の構造が原因である可能性があります。一部の慢性自己免疫疾患は、顎の痛みを引き起こす可能性があります。顎の右側の痛みも隠れた病気に関連している可能性があり、深刻な医学的原因を除外するために医師の診察が推奨されます。

三叉神経痛は、三叉神経に関連する非常に痛みを伴う状態です。それは顔の多くの領域とあごの右側または左側に鋭く刺すような痛みを引き起こします。通常、痛みは片側に感じられますが、場合によっては両側に見られます。三叉神経痛は、知られている中で最も痛みを伴う痛みを伴う病状と考えられています。自殺念慮と呼ばれることもあります。その発生率は低く、米国では三叉神経痛の患者は20万人未満です。それは50歳以上の人によく見られます。

三叉神経痛の痛みは、短く、刺すようなエピソードです。それは数日または数ヶ月続き、その後数ヶ月または数年は見られない場合があります。攻撃は、三叉神経への圧力を引き起こすものに関連しています。歯を磨いたり、髪をとかしたりするなどの日常の活動が引き金になる可能性があります。時々、話したり、食べたり、顔の風さえも痛みを引き起こすことがあります。治療には薬と手術の選択肢があります。

顎関節症は、顎痛の一般的な原因の1つです。これらの障害は、顎を頭蓋骨に接続する関節または噛むために使用される筋肉の問題によって引き起こされます。

顎関節、関節炎、歯ぎしり、または歯のずれは、損傷を引き起こす可能性があります。チューインガムでさえ、この関節を損傷することがよくあります。顎の右側の痛みは、顎と頬の筋肉が関節の近くにある場合、それらが絶えず収縮することによって引き起こされる可能性があります。口を開けた状態で関節に指を押し付けて痛みが悪化する場合は、関節に問題がある可能性があります。

アレルギー、ウイルス、真菌または細菌による副鼻腔の炎症も、顎や顔の痛みを引き起こす可能性があります。副鼻腔炎は非常に一般的な医学的苦情であり、その症状は一般的な風邪や他の呼吸器感染症の症状と似ています。

この問題によって引き起こされる痛みの正確なポイントは、どの洞腔が問題を引き起こしているかに関連しています。頬骨の右上顎副鼻腔の炎症や感染は、右顎と上歯に痛みを引き起こすことがあります。

健康即時

最近の投稿