母乳を増やす方法は?

博士FevziÖzgönülは、母乳にはコーンフレーク、過剰な量の小麦粉、パセリ、ミントを避ける必要があり、大量のお茶やコーヒーの摂取も牛乳の形成に悪影響を与えると述べました。 Özgönülは、朝食、昼食、夕食時に母乳を増やすために母乳をどのように与えるべきかを説明し、母乳を増やす方法、母乳を増やす方法などの質問に対する答えを見つけました。

母乳はどのように増加しますか?母乳はどのように増殖しますか?

"朝ごはん: 母親は間違いなく朝食をとるべきです。甘い飲み物や食べ物が母乳を増やすという社会の信念は非常に間違っています。逆に、砂糖の入った飲み物やお菓子は、健康的な食品の吸収を阻害するため、ミルクの生産に支障をきたします。朝食に干しイチジク1杯または糖蜜小さじ1杯があるので良いです。絞りたてのフルーツジュース1杯を飲むことができます。これらとは別に、食欲と欲求がある限り、チーズ、卵、オリーブ、野菜、その他の朝食用製品を食べる必要があります。コーンフレーク、たくさんの小麦粉、パセリ、ミントは避けてください。間にお茶やコーヒーを飲みすぎると、ミルクの生産に悪影響を及ぼします。代わりに、自然界の他の出産のように水の消費量を増やすことは非常に健康的です。

ランチ: 鍋料理、肉野菜料理、オリーブオイル料理の消化しやすく栄養価の高い料理を選びましょう。特にほうれん草、フダンソウ、コラードグリーン、水分の多いサヤインゲンなどの野菜料理を好みましょう。レタスのサラダは毎食とても美味しいです。パセリやミントは、ミルクの生産量を減らすと言われることもありますが、揚げ物や高脂肪、小麦粉、砂糖の多い食品は避けましょう。

晩ごはん: 特に、消化が難しく、睡眠パターンを乱してガスを発生させる可能性のあるマメ科植物、果物やサラダなどの生野菜には近づかないことをお勧めします。夕方の理想は、スープから始めて、空腹が治まるまで調理された軽い野菜の食事で一日を締めくくることです。」

体にとって最も快適な状況は、すべての栄養素がリズミカルに体内に取り込まれる状況であることに留意し、Özgönülは次のように述べています。消化、栄養価の低い食品を与える、これらの規則は母親の食事にもあります。有効です」。

婦人科および産科スペシャリストOp.Dr. AslıAlayは、赤ちゃんが出産後に母親と会い、母親の肌と温かさを感じることが非常に重要であると述べ、次のように述べています。この接触ができないために母乳」。

未熟児の集中治療を続けているために母乳育児ができない母親では、頻繁に母乳を搾り出すことが重要であることに留意してください。 AslıAlay氏は、次のように述べています。「夜間を含め、2〜3時間の間隔で、ミルクポンプで乳房を空にする必要があります。経口摂取されていない乳児では、ミルクは保存され、適切な条件下で使用されます。赤ちゃんが母乳を与え始めると、母親の乳房を維持するのに問題が生じる可能性があります。彼はすぐに疲れて、顎の筋肉が完全に発達していないからです。しかし、母親はあきらめるべきではなく、決心すべきです。シリコン乳首は、抵抗力のある乳房を保持できない一部の赤ちゃんに使用されます。処方はトップインジェクターでシリコン乳首に与えられ、赤ちゃんは処方が母親の乳房から来ていると考え、約8〜10日で母親の乳房に慣れます。この方法は、母親が何らかの理由で赤ちゃんから離れていて、母親が短時間母乳で育てることができない場合にも使用されます。だからそれはいつも母乳です。母乳は、気道、耳、消化器系の感染症から保護し、アレルギー反応を防ぎ、赤ちゃんの精神的、精神的、肉体的発達に貢献し、多くの慢性疾患から保護し、母親を乳がんや卵巣がんから保護します。特に経済問題が発生している今日の状況では、すべての赤ちゃんが赤ちゃんと母親の健康のためにこの無料で準備ができて健康的で保護的な神聖な食べ物を確実に受け取れるようにする必要があります。

母乳を切る理由

婦人科および産科スペシャリストOp.Dr. AslıAlayは、母親の母乳が途絶える理由の中には、栄養失調、不規則な栄養、ストレスがあると述べました。

「特に、激しいストレスと悲しみは、ミルクを減らしたり、切ったりする原因となる可能性があります。したがって、母乳育児をしている母親は、食事、タンパク質摂取量、カルシウムを含む食品を摂取する必要があります。授乳中の女性は、ヨーグルト1杯、ミルク1杯、ホワイトチーズ、朝食用の卵、日替わりメニューの動物性タンパク質を十分に摂取する必要があります。鉄分の吸収を高めるためには、食事と一緒にサラダをたくさん食べ、お茶とコーヒーの量を減らす必要があります。さらに、果物の消費は重要であり、クルミ、アーモンド、ヘーゼルナッツなどのナッツはその間に消費する必要があります。お茶、コーヒー、チョコレート、アルコール飲料、タバコから離れた定期的かつバランスの取れた栄養も母親の体重減少を加速させます。そのような場合、母親のサポートと配偶者のサポートは非​​常に重要です。母乳育児についての教育は母親に与えられるべきです。ミルクの量が少ない場合でも、母親は2時間間隔で母乳で育てることをお勧めします。さらに、乳頭のケアは非常に重要であり、乳房の炎症や乳頭の問題の場合は、医師による管理と治療を短時間で行う必要があります。乳首が赤くて出血している場合でも、母乳育児を続ける必要があります。」

今日の食品会社は母親と赤ちゃんの両方を顧客と見なしていると言って、売り出し中の広告により、両親は母乳育児、婦人科および産科のスペシャリストOp.Dr. AslıAlayは、次のように述べています。「しかし、母乳は赤ちゃんの健康にとって非常に重要です。最初の6か月間は、すべての赤ちゃんを毎月チェックする必要があります。体重増加は、月に平均600〜800グラムを摂取し、母乳以外の追加の栄養を必要としない赤ちゃんでは正常です。母乳が赤ちゃんを養うことができないということはあり得ません。十分な体重が得られない赤ちゃんでは、母親は家族の他のメンバーや食べ物の広告の効果で処方するように指示されることがあります。小児科、産科、およびかかりつけの医師は、この問題について母親に通知し、母乳の利点を説明する必要があります。

「さらに、病院やショッピングモールなど、人が集中する場所に快適で衛生的なベビーケアルームを設ける必要があります。母乳は赤ちゃんが2歳になるまで与える必要があります。母親は一般的にミルクを探します-栄養補助食品の強化。ほとんどの人が母乳が少ないと信じているため。赤ちゃんへの愛情。しかし、栄養が非常に困難で戦争が支配的な国で実施された研究では、母乳はいつでも来ることができることが示されています。しかし、健康な母親は不可欠です。健康な子供のために、そして母親がバランスの取れた食事をすることを奨励することが重要です。

「母乳育児中の女性は、たくさんの水を飲み、肉、鶏肉、魚から毎日タンパク質を摂取し、乾燥したマメ科植物を維持し、あらゆる面で諦めきれない野菜、果物、乳製品を摂取する必要があります。バランスの取れた、定期的で十分なカロリー摂取は、ほとんどの場合、赤ちゃんにとって十分です。さらに、偽のおしゃぶり、ボトル、処方を与えると、乳製品が減少するため、このような慣行を避ける必要があります。その成分に関する科学的証拠はありませんが、害はありません。これらすべての食品に共通する要素は、添加物なしで未加工で新鮮な状態で消費されることです。牛乳の増加で最も重要な要素は、十分な水分摂取量であることに注意してください。アルコールやカフェイン入りの食品から離れて、食べるバランスの取れた定期的な食事。聞くだけで十分です。

最近の投稿