胸焼けには何が良いですか?

胸焼けは、胃の灼熱感で経験する不快感であり、主な原因は胃酸の過剰分泌です。特に脂肪と重い栄養の結果として発生するこの病気には、非常に異なる理由があります。この不快感は、1日を通して腹部が腫れることで発生し、口の中に水分がたまり、吐き気を引き起こすこともあります。

胸焼けの原因は何ですか?

胸焼けの主な原因は、不規則な食事、食べ過ぎ、食べた直後の睡眠または横臥、空腹時の喫煙です。胃酸が分泌される原因となるものはすべて胸焼けを引き起こす可能性があります。時にはこれは神経でさえありえます。また、胃潰瘍または十二指腸潰瘍、胆嚢の炎症、逆流症、および胃炎は胸焼けを引き起こす可能性があります。妊娠中の胸焼けの訴えは非常に高く、アルコールは胃の灼熱感も高めます。

胸焼けを治療するために何ができるでしょうか?

常に不快感がない限り、治療が必要な状態ではありません。多くの場合、胸焼けを引き起こす状況を回避するだけで胸焼けを防ぐことができます。私たちのテーブルにヨーグルトを置き、辛すぎないようにすることは、より少なく、しかし頻繁に食べることが特に有益です。ただし、持続的な胸焼けには投薬が必要な場合があります。

胸焼けの家庭薬は何ですか?

胃の友であるバナナは、胸焼けや胸焼けの訴えを減らすのに役立ちます。また、生のオリーブオイルは胸焼けに有益です。さらに、ミルクは胃や大腸の病気に非常に効果的な別の製品です。これらに加えて、ミネラルウォーターを飲むと、胃酸の大部分を中和することで胸焼けを和らげることができます。サラダにリンゴ酢を使用すると、胸焼けにも役立ちます。群れのガラスを加熱し、それを飲みます。しばらくすると、胃の胸焼けが過ぎたことがわかります。

最近の投稿