甲状腺手術で最もよくある質問

両方の甲状腺を手術で取り除く必要がありますか?

甲状腺結節が両方の甲状腺に存在し、大きい場合は、両側が除去されます。甲状腺がんと甲状腺機能亢進症の患者では、2つの甲状腺が切除されます。片側手術は、1cm未満の甲状腺がんの患者または片側に結節がある患者に行うことができます。この決定は通常、手術中に行われますが、術前に患者は両方のタイプの手術について知らされます。

甲状腺がんの手術は違いますか?

結節で検出された甲状腺がんの手術と標準的な甲状腺腫の手術は類似しています。周囲の組織に転移した大規模ながんの症例では、手術に時間がかかり、非常に困難です。リンパ節に転移した甲状腺がん患者では、甲状腺が切除され、リンパ節も切除されるため、標準的な甲状腺手術とは異なり、困難です。

リンパ節に転移した甲状腺がんの治療はどうですか?

甲状腺がん(特に乳頭がんと髄様がん)は、リンパ節に転移することがよくあります。術前癌と診断された患者では、リンパ節を超音波検査で評価する必要があります。転移が疑われる場合は、生検を行い、診断を下す必要があります。リンパ転移と診断された患者では、甲状腺手術に加えてリンパ転移のある領域が切除されます。

手術中に病理検査(凍結)を行う必要がありますか?

針生検により癌と診断された患者では凍結切片は実施されません。 「癌の疑い」のある患者では、凍結が要求される場合があります。手術中に疑わしいリンパ節が見られた場合は、凍結切片を作成して手術の形状を決定します。凍結の結果として転移が見つかった場合は、患者のリンパ節も切除されます。

神経の損傷を防ぐ装置はありますか?

神経を見つけやすくする装置は、甲状腺の手術に使用できます。これらのデバイスを使用しても、合併症のリスクは軽減されませんが、神経を見つけやすくなります。二次頸部手術でこの技術を使用することを強くお勧めします。

ステッチが削除されてからどれくらいかかりますか?

皮膚のステッチには自己溶解性の糸が使用されているため、ステッチは削除されません。時々皮膚は粘着テープで閉じられます。

いつ入浴できますか?

術後2日目は傷口に水を触れても害はありません。手術の翌日を初日とします。

傷に炎症があるかどうかはどうすればわかりますか?

退院後の数日間、傷の痛み、発赤、腫れの発症は感染の兆候です。非常にまれです。

傷に傷はありますか?

すべての甲状腺手術において、切開は審美的な方法で閉じられますが、人の創傷治癒状態によっては、より明白な瘢痕が残る場合があります。通常、手術後6か月で、傷は不明瞭になります。外科的切開は首の自然な線から作られているので、傷跡は時間の経過とともに気付かれることはありません。夏の間に手術を受ける患者は、外出するときに高い保護係数の日焼け止めを使用する必要があります。日光にさらされた傷には傷跡が残るリスクが高くなります。

いつ仕事に戻ることができますか?

彼は標準的な甲状腺手術で1週間後に仕事に戻ることができます。この期間は、個人の特性と病気の状態によって異なります。合併症が発生すると、仕事に戻る時間が長くなります。

甲状腺ホルモン剤はどのように使用しますか?

甲状腺手術後、甲状腺ホルモンは通常、生涯にわたって使用されます。甲状腺組織が除去されるので、体が必要とするホルモンは外部に投与されます。病状の結果が遅れる場合は、甲状腺ホルモンの低用量がすぐに開始されます。甲状腺ホルモンの欠乏、脱力感、倦怠感、脱毛、体重増加が起こるため、甲状腺ホルモンは手術後の早い時期に開始されます。病状の結果が1週間以内に得られる場合は、結果を確認して投薬を開始するのが適切です。

甲状腺ホルモン剤の使用に害はありますか?

体内に不足しているホルモンの代わりに投与されるため、有害ではありません。甲状腺ホルモンは、朝、空腹時に一度に服用する必要があります。他の薬を使用している患者は、甲状腺ホルモンの少なくとも4〜5時間後にこれらの薬を服用する必要があります。ホルモン検査当日は薬を服用しないでください。薬剤の投与量の変更は8週間前に行われるべきではなく、投与量の変更の管理は少なくとも6〜8週間後に行われるべきです。

原子療法は適用されますか?

1cmを超える乳頭がんおよび濾胞がんでは、通常、原子療法が処方されます。原子療法の決定は、内分泌学者と核医学の専門家によってなされた評議会の決定によって決定され、実行されるべきです。この決定は、各患者と話すことによってなされるべきです。

いつチェックに来ますか?

手術後、病理結果が得られた時点で最初の制御を行います。甲状腺ホルモンの投薬は、患者が退院している間に開始されます。病状が確認された後、ホルモン検査を依頼して薬剤の投与量を調整し、2ヶ月後に投与量調整を行います。以下の期間では、患者の状態に応じて、3か月または6か月の管理が定期的に継続されます。薬剤の投与量調整後は、年1回の管理で十分です。患者が脱力感、倦怠感、動悸などの不満を持っている場合、彼/彼女はより早くコントロールに来るべきです。

最近の投稿