産休は最長18週間です

チェリク大臣は、女性の就業率は32%であると述べ、次のように述べています。 「20週間」と言った人たちは、雇用に問題があるかもしれないので、その支配的な見方をあきらめました。これはより柔軟になります。希望するものを18週間使用することも、相互合意で評価することもできる」と語った。

ジャーナリストのファルク・チェリク大臣は、「女性従業員の産休の増加、働く女性の子供のための保育園、結婚する人々への融資などのいくつかの慣行が、10月のトルコ大国会の議題になるかもしれないと述べた。具体的な進展はありますか、新しい規制は何をもたらしますか?」その方向で彼の質問に答えた。

対象となる若者の人口と女性の雇用を増やす

この問題が重要であると指摘し、チェリク大臣は、規制は雇用主、政治家、および問題に関与していない人々に関して非常に異なる解釈の対象であると述べました。ファルク・チェリクは次のように述べています。「非政府組織からさまざまなコメントが寄せられています。ここでの私たちの目的は、女性の雇用を減らすことではなく、増やすことです。ここでさまざまな方法でこの問題に取り組むことは正しくありません。経験した問題があります。私たちの社会構造があり、女性の雇用にあります。私たちは、関連する伝統、多くの点で教育に起因するいくつかの問題を経験しています。一方、私たちは、減少および増加しないように、いくつかの新しい規制やインセンティブを作成しようとしています。女性の雇用。それから子供と子供と仕事の両方の生活を混乱させないように、女性が自分の仕事を引き受けるために、または家族として、親として、どのようにいくつかの取り決めをすることができますか?」良い作品があります。」

この立法年内に解決される

チェリク大臣は、新しい規制が10月末に議会に提出されると述べ、新しい規制が今年の立法年に制定されると述べた。チェリク大臣は次のように続けた。「この立法年に、それがもう話されないことを望みます、それは解決されるでしょう。誰も異なるコメントをするべきではありません。私たちは異なる解釈をする準備ができていません。私たちの目標は明確です。なぜ私たちは彼を傷つける仕事に就くべきですか?そのようなことはありません。「まあ、子供?」はい、私たちは若い人口が必要です、トルコは将来的に古い人口に変わります。したがって、2〜3人の子供がいる場合ですから、「この子を世に送り出す母親にも、積極的な差別を受ける権利がある」という考えで、いくつかの取り決めを行っています。これが唯一の問題です。規制は重大な貢献をします。」

産休は最長18週間です

ファルク・チェリク労働大臣は、16週間の産休がまだ働く女性に適用されていることを説明し、休暇期間を18週間に延長する必要があることを思い出させた。チェリク大臣は、休暇期間についてさまざまな意見が出されていることを強調し、「現在、出産休暇は16週間として適用されているが、18週間に延長することが求められている。「20週間」と言う人はほとんどそれをあきらめた。就職に支障をきたす可能性があるため、柔軟に対応できるし、18週間の希望者なら誰でも利用できるし、相互合意で評価することもできる。そういう提案は、労働評議会での会議で出てきた。繰り返しになりますが、この規制の目的は女性の雇用を減らすことではありません。近年、女性の労働力への参加が大幅に増加しています。女性の労働力への参加率は32%です。次へ。期間中は綿密なフォローアップを行い、これらの率を引き続き引き上げていきます。」

最近の投稿