妊娠中の抜歯への注意

Akçalıは、妊娠中の管理のために定期的に歯科医に行く必要があることを強調し、次のように述べています。排除されました。激しい痛みや炎症の場合は、妊娠期間に関係なく治療を行う必要があります。特別な場合を除いて、歯科治療と抜歯に害はありません。ただし、セッションは可能な限り短くします。麻酔や投薬が必要な場合は、産科医に連絡することができます。延期できる手続きは出産後まで残されています」と彼は語った。

Akçalıは、妊娠中の歯科治療は3つの異なる期間で検査されると述べ、妊婦が注意を払うべき点を次のように挙げています。母親と赤ちゃんが介入しない場合は、歯科医の診察を受ける必要があります。3〜6か月の期間、妊娠の終わりまで延期するのに適していない歯の抜歯、詰め物、根管治療を行うことができます。6〜9か月の期間;この期間中、赤ちゃんは子宮の中で成長し、出産が近づいています。歯科医のErkutAkçalıは、妊娠中の母親はリードエプロンを持ち、必要に応じてX線を撮影できると述べ、妊娠中の女性の薬:

「妊娠中に使用される抗生物質の中には、不可逆的な変色を引き起こすものがあります。このグループ以外で使用される抗生物質、ペニシリン、およびその誘導体が歯を引き起こしたり損傷したりすることを示す科学的データはありません。ただし、妊娠中に使用されるすべての種類の薬は、医師の管理下で使用する必要があります。妊娠中の母親をフォローしている人を忘れてはなりません。」

Akçalı氏は、妊娠初期の嘔吐、食生活の変化、ホルモンの変化が歯茎の過敏症や出血を引き起こす可能性があることを説明し、「妊婦は出血のために歯磨きをやめるべきではありません。歯肉炎は効果的なケアと洗浄によって予防できます。歯と歯茎。少なくとも1日2回。可能な限り1回、毎食後に歯を磨く必要があります。歯の間はデンタルフロスで洗浄する必要があります。歯科医の推奨がない限り、マウスウォッシュは使用しないでください。」

歯周病と歯周病は低出生体重児の可能性を7倍に高めることに留意し、ErkutAkçalıは「したがって、妊婦は口腔ケアと栄養にもっと注意を払う必要があります」と述べました。 Akçalıは次のように続けています。「妊娠中、唾液中の酸の量が増加し、歯が腐りやすくなります。最初の数ヶ月で見られる嘔吐後、母親が口腔衛生に注意を払っていないことも虫歯のリスクを高めます。歯茎に問題のある妊婦が口腔ケアに注意を払わないと、ホルモンの変化により歯肉の問題が増加します。歯茎から出血している妊婦は、歯を磨くことを避けるかもしれません。これにより、より多くの細菌が歯に蓄積し、歯茎の腫れ、発赤、出血が増加します。」

最近の投稿