妊娠中に旅行する際の考慮事項

妊娠中の旅行に理想的な時期は、妊娠後期です。最初の3か月での渇望、吐き気、嘔吐、最後の3か月での腹部の成長と妊娠による倦怠感などの問題により、旅が困難になる可能性があるためです。ただし、特に長距離の移動では、考慮する必要のある問題がいくつかあります。

•シートベルトを使用する必要があります。

•エアバッグは開いている必要があります。

バスに乗ることは、妊婦にとって最も推奨されない旅行形態です。他の選択肢がある場合は、移動の制限と頻繁な休憩のために、長いバスの旅は好まれるべきではありません。完了したら、バスが動いている間、座ってください。トイレを使用する場合は、端を持ってトイレを使用してください。

移動性が高いため、電車の旅はバスよりも優先されるべきです。ただし、トイレは小さいので注意が必要です。

電車、車、バスで移動する場合は、5〜6時間を超えないようにするとよいでしょう。

妊娠中の女性にとって、特に長い旅の間、長時間じっとしていることは危険です。すべての旅でこの問題に注意を払う必要があります。妊娠中に他に特別な問題がなければ、この点に注意を払うことで旅行に害はありません。

妊娠は血液凝固傾向を著しく増加させます。脚が垂れ下がっていて長時間動かない場合、静脈内に血液が凝固する可能性があります。特に、下肢静脈から発生する血栓が肺に入り込み、「肺塞栓症」を引き起こす可能性があります。この状況は非常に緊急で生命を脅かす状況です。

車での移動中は頻繁に休憩を取り、ふくらはぎと太ももの筋肉をしばらく歩き回って動かし、足を上げて休むのが適切です。

空の旅は妊婦にとって安全です。客室の圧力に大きな変化がない限り、赤ちゃんに余分なリスクをもたらすことはありません。ただし、航空会社は、自分自身を確保するために、特定の妊娠週の後に医師の報告を要求します。一方、大陸間飛行が長い場合は、頻繁に機内を歩くのが適切です。

大陸間を移動するときは、医師に相談する必要があります。妊婦の予防接種が入った健康診断書を持っていると便利です。

妊娠旅行の推奨事項:

•快適な服と靴を着用する必要があります。

•適切で快適な旅行用枕を用意する必要があります。

•トイレの必要性を満たす必要があります。

•スナックが利用可能である必要があります。

•シートベルトを着用し、すべての安全対策を講じる必要があります。

•水泳と日光浴

水泳は妊娠中にできる最も理想的なスポーツの1つです。ただし、ジャンプ、プールでのスライド、ウォーターゲーム、ダイビングはお勧めしません。特に妊娠が進んだ週には、水に飛び込む代わりにプールのはしごやビーチに入ると便利です。プールで使用される化学物質は、妊娠中に余分な害を引き起こすことはありません。きれいな海やプールで泳ぐことは、妊娠中の最も理想的なスポーツです。ただし、背泳ぎや平泳ぎのスタイルで泳ぐことが重要であり、硬すぎないようにしてください。

日光浴にはもう少し注意するのが便利です。妊娠しているかどうかにかかわらず、太陽の光が真っ直ぐになる正午に日光浴をすることは、あまり健康的な行動ではありません。このため、妊娠中の女性は日光浴にもっと敏感になることをお勧めします。部分的に日陰に座る方が正しいと考えられていますが、午後に日光浴をすることは可能です。絶対に、水分をたっぷりと摂取し、30 SPF以上の日焼け止めを使用し、帽子をかぶる必要があります。

妊娠中の日焼けベッドは有害ですか?

ナトリウムが赤ちゃんと妊娠に有害であることを示す研究はありません。サウナやソラリウムなどの体温を上昇させる要因は、赤ちゃんの脊椎の問題を引き起こす可能性があります。いくつかの研究は、紫外線と葉酸欠乏症との関連を示しています。さらに、妊娠中の皮膚は火傷やしみになりやすいです。

オートブロンザーは危険ですか?

それは妊娠中の良い選択肢になる可能性があります。しかし、それはジヒドロアセトンを含み、それは皮膚を通して吸収される物質です。害はありませんが、最初の3か月は使用しない方がよいでしょう。

妊娠中にサウナを利用するのは健康ですか?

妊娠の最初の3か月の体温が高すぎると、赤ちゃんの障害につながる可能性があります。このため、妊娠中は非常に加熱されたサウナはお勧めしません。

妊娠中にヘアケアをすることはできますか?

妊娠中に髪を染めることが危険であるという証拠はありません。ただし、信頼性も証明されていません。ヘアアプリケーションで使用される材料のほとんどは、皮膚から吸収されません。このような少量でも赤ちゃんに問題はありません。ただし、これらすべての情報にもかかわらず、妊娠の最初の3か月間は染毛は許可されていません。

•植物ベースの染料を使用することは有益です。

•換気の良い場所で塗料を作ることにより、空気と混合される化学物質にさらされることが少なくなるのは正しいことです。

•ヘナは非常に安全な染料です。

•化学物質が必要以上に髪や頭に残っていないことを確認する必要があります。

•手順の後、髪は非常によくすすがれる必要があります。

•このような操作を行うときは、手袋を使用する必要があります。

•アレルギーに関しては、最初に小さな試験を行うのが正しいでしょう。

•眉毛やまつげは塗装しないでください。

•ミルクを与えながら髪を染めることができます。

妊娠中の気分が良いことが重要です。したがって、セルフケアは人が行うことができます。

脱毛は有害ですか?

妊娠中のホルモンの変化により、発毛が増加します。妊娠中は羊水が電流を伝導するため、針や電気による脱毛は行われません。熱による脱毛への害は示されていません。レーザー脱毛についての知識がないため、妊娠中はお勧めしません。そのような脱毛が行われることになっているとしても、それは過去3ヶ月間乳首に適用されるべきではありません。

妊娠中にワックスがけはできますか?

妊娠中は皮膚が非常に敏感になるため、ワックスは火傷や炎症を引き起こす可能性があります。前後に消毒液で洗浄する必要があります。

脱毛剤とクリームは使用できますか?

硫酸バリウムとそれに含まれるチオグリコール酸カルシウムには害は見られません。しかし、使用する前に、テスト用量を適用し、それがアレルギーを引き起こすかどうかを確認することは有用です。また、臭いがするため、換気の良い場所に塗布してください。

妊娠中に髭剃りは健康ですか?

妊娠中に行うのは簡単ではありません。しかし、これはパートナーで行うことができるため、パートナー間の絆が強くなる可能性があります。毎日ビタミンEと一緒に良い保湿剤を使用すると、髪の成長率を下げることができます。

妊娠中にメイクをすることはできますか?

軽い化粧は妊娠中に高品質の素材で使用できます。特に、高用量のビタミンAを含むクリームはお勧めしません。

非常に重い香水の代わりに軽いボディスプレーを使用すると、妊娠中に人をリラックスさせます。

マニキュアやペディキュアにリスクはありますか?

マニキュアとペディキュアは妊娠中に行うことができます。しかし、注意してください、仕事を知っている誰かがそれをするべきです。特に感染のリスクがあるため、人が自分の道具を使用し、これらの道具を清潔で無菌に保つことが重要です。手順の後に消毒剤を使用する必要があります。

最近の投稿