月経遅延の原因は?月経の遅れの原因と症状は何ですか?

通常、女性の2つの期間の間の時間は21から35日の間です。この間隔より短いまたは長いことは、月経不順として定義されます。これは妊娠の兆候であるか、別の基礎疾患によって引き起こされる可能性があります。ストレス、環境的または心理的要因、季節の変化、ホルモン状態、またはさまざまな薬がこの状況を引き起こす可能性があります。月経が月に数回行われる女性もいれば、月経が数か月ごとに行われる女性もいます。場合によっては、この状況は他の病気の前兆である場合もあれば、完全にホルモンの状況である場合もあります。

月経不順の原因は? 

月経不順は多くの理由で経験することができます。これらの理由は、生物学的起源または環境的または心理的起源である可能性があります。思春期に入ることが最初の理由です。 10代の少女がしばらくの間月経不順を経験するのは正常です。これは、ホルモンが調節され、体のシステムが確立されるまで危険ではありません。青年期から始まる月経周期は閉経で終わります。閉経に近づく女性は月経不順を経験します。最後の月経日から1年が経過すると、閉経期が始まります。あなたが薬を必要とする病気を持っているならば、使われる薬は月経不順を引き起こす可能性があります。月経不順は、激しいスポーツをする女性に発生します。さらに、低カロリーの食事療法プログラムも不規則性を生み出します。甲状腺の障害は、ホルモンが適切に機能するのを妨げます。女性の排卵期に影響を与える多嚢胞性卵巣症候群は、月経不順を引き起こします。月経不順のもう一つの原因はストレスです。ストレスはあなたの体に深く影響し、深刻な問題を引き起こします。それは生殖ホルモンにも影響を与えるので、それは月経不順の原因の一つです。月経不順は、神経質な女性やパニック状態の女性によく見られます。不健康な栄養も月経不順を引き起こします。抗酸化食品を摂取せず、必要なビタミンやミネラルを摂取しないと、多くのホルモンの分泌が遅くなります。その結果、月経期間に不規則性が発生します。薄すぎることは多くの女性の夢ですが、弱すぎると多くの問題が発生します。これらの問題の1つは、月経不順です。体の脂肪と筋肉の比率が理想値を下回ると、ホルモンの問題を引き起こします。この状況は、女性の月経不順を引き起こします。妊娠が疑われる女性は月経が遅れます。この状況は、月経不順の原因の一つと考えられています。

月経不順の症状を理解する方法は? 

-頻繁な期間

-月経が長すぎる

月経周期の途中(前の周期と次の周期の間)の出血

regl期間の激しい出血または非常にまれな出血

-月経期間が長すぎるか短すぎる

月経遅延の解決策は何ですか?

月経の遅れを解決するためには、まず月経が遅れる理由を見つけなければなりません。原因がわかっている場合は、解決策にたどり着くのが簡単になります。たとえば、太りすぎは月経の遅れの理由の1つです。ここで体重が減ると、月経の遅れも防ぐことができます。繰り返しますが、理由が根本的な子宮壁の劣化である場合は、適切な治療が実施される検査で手配され、月経が規制されます。別の例はストレスです。ストレスによる月経の遅れがある場合は、ストレスを軽減または終了することで月経の遅れが規則的になることがあります。月経遅延の解決策は、医師の監督の下で解決する必要があります。まず、正しい診断を下し、次に治療を適用する必要があります。

月経不順には何が良いですか?自宅でのハーブソリューション 

月経不順が発生した場合は、まず医師に相談してください。この不規則性は別の基礎疾患の前兆である可能性があるため、注意が必要です。ただし、条件が適切でない場合は、自宅で試すことができるいくつかのハーブソリューションを試すことができます。

玉ねぎ: まだ医学的に証明されていませんが、最近、タマネギの治療法が月経調節に役割を果たしていると主張されています。

月経不順に有益であると考えられている植物:

ブラッククミン

-タイム

羊飼いのナズナハーブ

ライオンの爪

-シバン額

-セージ

-金草

-パセリ

-ハイビスカス

干し草草

-ペリングラス

-ローズ

-フェンネル

-デイジー

-オドリコソウ

-アスパラガス

ブラックベリー

-ミント

最近の投稿