子供における抗生物質の使用の間違い

季節の移り変わりとともに、暑さへの憧れは日々高まっています。冬になると、天候は冷たくなり、太陽は私たちを暖かくしてから消え、突然の気温変化をもたらします。この状況にすぐに影響を受け、突然の温度変化に追いつくことができない子供たちは、簡単に病気になり、強力な薬、特に抗生物質にさらされる可能性があります。

子供における抗生物質の使用の間違い ヒサール大陸間病院の子供の健康と病気のスペシャリスト博士。移民の追跡聞いてみました。

子供に抗生物質を使用する必要があるのはどの病気ですか?

病気は、ウイルスと細菌の2種類の微生物で構成されています。インフルエンザ感染症、水痘、はしか、おたふく風邪などの病気は、ウイルス微生物によって引き起こされるウイルス感染症であり、抗生物質は必要ありません。ただし、抗生物質は、中耳感染症、肺炎、非アレルギー性気管支炎、感染性下痢、および一部の喉の感染症などの細菌感染症に使用する必要があります。インフルエンザ感染症には抗生物質は必要ありません。

抗生物質はどの段階でいつ使用すべきですか?

ウイルス感染時に体の抵抗が低下するため、二次的な細菌感染が発生することがあります。そのような場合、患者を注意深く監視し、必要に応じて抗生物質を投与することができます。

医師に相談せずに抗生物質を使用することはどのくらい正確ですか?

病気ごと、人ごとに使用する抗生物質は異なります。したがって、治療の中断を引き起こし、患者を望ましくない状況にさらす可能性があります。抗生物質は微生物を殺しますが、私たちの体の多くの組織にも損傷を与えます。特に抗生物質を必要としない状況では、医師に相談せずに使用する抗生物質は、無菌領域に深刻な損傷を与える可能性があります。

子供が病気になるたびに抗生物質を使用することはどのくらい正しいですか?

ウイルス感染症に抗生物質を使用することは正しくありません。不必要な抗生物質の使用は、子供たちの抗生物質耐性につながります。さらに、ほとんどの抗生物質は肝臓や腎臓から排泄されます。私たちが使用する抗生物質は、臓器を不必要に疲れさせ、正常な機能を発揮できなくなります。

抗生物質の最小使用期間はどのくらいですか?

抗生物質の使用期間は、抗生物質の種類や病気の種類によって異なる場合があります。 3日間使用する抗生物質と、10〜14日間使用する必要のある抗生物質があります。抗生物質の持続時間は、医師が推奨するよりも短くすべきではありません。治療が不十分だと、病気が再発し、完全に回復しない可能性があるためです。

抗生物質は体内の有益なバクテリアを殺しますか?

私たちの体にはいくつかの機能を果たすバクテリアがいます。私たちはそれらをフローラバクテリアと呼びます。抗生物質もこれらの有益なバクテリアを殺すことができ、これらのバクテリアが存在しない場合、有害なバクテリアはより簡単に増殖して病気を引き起こす可能性があります。

抗生物質治療を開始したときにどのような副作用が見られた後、すぐに医師に相談する必要がありますか?

アレルギー反応が発生し、抗生物質の使用期間が3日を超えた場合、病気の経過に悪化が見られた場合は、改善とは逆に、直ちに医師の診察を受けてください。

抗生物質はビタミンと一緒に使用する必要がありますか?それとも、ビタミンは抗生物質の効果を減らしますか?

過去には、抗生物質をビタミンと一緒に服用することが推奨されていましたが、研究によると、抗生物質を単独で服用しても害はなく、ビタミンには特別な利点はありません。

予防的抗生物質の使用はどのようにすべきですか?

予防的抗生物質は、再発性尿路感染症、喉のベータ感染後の心臓または関節のリウマチの患者、および医学的に低い免疫系の患者に使用できます。しかし、予防的抗生物質は、正常な人の病気の発症を防ぐために使用されることはありません。

最近の投稿