脳外傷後の回復過程

外傷後、治療やモニタリングを必要とせずに、非常に短時間、意識を失ったり、患者が自分自身を失って回復したりすると、いくつかの問題が発生する可能性があります。

必要に応じて行われる放射線検査に問題がなければ問題ありません。さらに、長い間、治癒過程を待ったり質問したりする必要はありません。

損害は永続的である可能性があります
人が受けた機械的負荷が頭蓋骨、骨、脳血管、または脳に損傷を与えた場合、この損傷が短期的に修復を必要とするかどうかを確認する必要があります。介入が必要ない場合は、患者を入院させ、監視する必要があります。介入が必要な場合は、介入することで問題を解消または軽減する必要があります。

この期間中に発生する可能性のある脳組織への損傷の一部は永続的である可能性があります。これらがないと、機械的負荷によって脳組織が損傷した場合、徐々に回復するのを待つ必要があります。これには、時々数週間または数ヶ月かかる監視が必要になる場合があります。

回復には長い時間がかかります
一般に、外傷後(これは脳の出血や血管閉塞の場合に同様の現象です)、最大1年、1。5年の回復期間が可能です。

癒しの質と時間の観点から問題を見ると、最初は速く、徐々に遅くなり、一定期間が経過すると直線になる幸福プロファイルがあります。

回復がこのフラットな図面に達すると、このプロセスには最大1。5年かかる場合があります。深刻な損傷が発生した場合、患者は時間をかけてフォローアップする必要があります。必要に応じて、リハビリテーションプログラム、理学療法、または問題を修正するための運動により、患者を可能な限り最高のレベルに引き上げる努力がなされています。
子供の頭部外傷

最近の投稿