母乳育児中の母親が注意すべき10の重要なポイント

栄養士のAyşeTuğbaŞengelは、赤ちゃんにとって最も貴重な食べ物は母乳であり、最初の6か月は母乳だけを与えるべきだと述べています。彼女は、母乳育児中の母親が母親と赤ちゃんの健康の観点から注意すべき点を次のように要約しています。「母乳育児中の栄養は、赤ちゃんと母親の健康の両方にとって非常に重要です。赤ちゃんにとって最も貴重な食べ物は母乳であり、赤ちゃんは最初の6か月間は母乳だけで育てられます。母親が通常の必要量よりも多くのエネルギー、タンパク質、ビタミン、ミネラルを摂取することで分泌が確保されます。授乳期間中は、母親が300〜500カロリーを摂取するだけで十分です。彼女の通常のカロリー要件に加えて。

母乳は赤ちゃんを慢性疾患から守ります

母乳は、赤ちゃんを慢性疾患から保護し、免疫システムを強化する上で主要な役割を果たします。赤ちゃんに贈る最高の贈り物は母乳です。さらに、母乳で育てられている赤ちゃんはより穏やかで愛情深い個人であることを示唆する研究があります。

妊娠後のショックダイエットはミルクの価値を低下させます

母親が分泌するミルクは、母親が受け取った食べ物の産物であることを忘れてはなりません。したがって、母親はさまざまな食品グループからの食事と、食事の合間に健康的なスナックを摂取するように注意する必要があります。母乳育児中の母親は、まず第一に、エネルギー、タンパク質、カルシウムが豊富な食事をしなければなりません。この時期に考慮すべき最も重要な要素は、体重を減らすためにショックダイエットが適用されていないことです。

これは母親と赤ちゃんの両方の健康に害を及ぼす可能性があるためです。ショックダイエットを行うと、ミルクが離乳し、赤ちゃんの最も重要な栄養源が失われます。

赤ちゃんが母親が摂取する食品に敏感な場合、または授乳後に不安になった場合は、その食品の摂取を停止する必要があります。このような場合、赤ちゃんの不快感に気づいたら、授乳期間中はその食べ物を食べないことが有益です。いくつかの研究では、キャベツ、緑茶、カリフラワー、タマネギ、ニンニクなどの刺激的な匂いのある食品は、赤ちゃんのガスの痛みを増加させることがわかっています。したがって、母親はそのような食品を摂取する際には注意する必要があります。

母乳育児の数と技術も、母乳を増やすために非常に重要です。母乳育児が行われると、母乳の分泌が増加します。毎日、赤ちゃんは2〜3時間ごとに母乳で育てられるべきです。 「1日に8〜10回母乳で育てることができます。」

母乳育児中の栄養に関する推奨事項:

•母乳育児期間中に水分の必要量が増えると、母親の水分の必要量も増えます。日中に消費される水の総量は3〜4リットルでなければなりません。このため、各母乳育児セッションでコップ1〜2杯の水を飲むことができます。

•日付、フェンネルティー、ネトルティー、ディル、ブルグルは母乳を増やす食品の1つであり、毎日食事に加える必要があります。

•タンパク質の供給源である卵と赤身の肉は毎日摂取し、魚は週に2回食べる必要があります。

•カルシウムが豊富なミルク、ヨーグルト、チーズの消費をおろそかにしないでください。

•ビタミンB12は牛乳の生産性にとって重要です。これの最良の源もまた、卵と赤身の赤身の肉です。

•すべての食事には、ビタミンが豊富な野菜や果物を含める必要があります。

•サラミ、ソーセージ、スジュクなどの添加物を含む加工食品を消費しないように注意する必要があります。

•ドライフルーツとナッツには、鉄分とカルシウムのミネラルが含まれているだけでなく、強力なエネルギーが含まれています。これらの食品はおやつと一緒に食べることができます。

•乾燥豆、ひよこ豆、レンズ豆、ブルグルなどの食品。トマト、ピーマン、パセリ、ネギなどのビタミンC源と一緒に摂取する必要があります。

•既製のフルーツジュースや酸性飲料ではなく、絞りたてのフルーツジュースまたはアイランをお勧めします。

彼女は携帯電話アプリケーションで妊娠後に8キロを失いました

生後8キロを失ったゴンカさんは、間違ったダイエット体験のために作ったダイエットが彼女を強要していると述べ、ダイエットをライフスタイルにすることで栄養士との即時のコミュニケーションの重要性を強調しました。彼は次のように語っています。「出産後の帝王切開のために非常に不快な腹がありました。間違った食事の経験が私を非常に困難にしました。それから私はインターネットで私の先生AyşeTuğbaŞengelを見つけました。私は健康的な食事で8キロを失いました。 「そして、私の腹の問題は大幅に減少しました。」私は毎回食事療法士に連絡し、毎日話していたので、食事療法士の申請で私のモチベーションは高いままでした。距離は障害ではありません。

最近の投稿