目の充血は病気の兆候である可能性があります

結膜炎と呼ばれる眼内発疹は、拡張による眼血管の反応の結果として発症します。このような問題は、簡単な薬で簡単に解決できます。これらの発疹は、一般的に無視され、「明日は過ぎ去る」と延期されますが、ほとんどは単純な眼の反応によって引き起こされますが、角膜炎(角膜組織の炎症)、ブドウ膜炎、急性などの重要な眼の問題の前兆となることもあります。狭角緑内障または先天性緑内障。適時に治療されていない感染症が眼の内層に広がると、重度の視力喪失が発生する可能性があります。これらの永続的な問題を防ぐには、早期の診断と治療が不可欠です。

眼疾患は重要な症状で発生します

眼疾患は主に、発赤、発血、灼熱感、かゆみ、刺痛、腫れ、痛み、かすみ目などの症状で現れます。これらの症状は通常、感染症またはアレルギーの理由で発生します。

目の痛みが赤みを伴う場合は、気を付けてください!

目の周りや目の周りの痛みには、さまざまな理由が考えられます。眼鏡の不適切な使用、屈折異常、高血圧、副鼻腔炎などの要因は、目の周りの痛みの原因の1つです。目を軽く押したときに目の痛みが一定になり、痛みの強さが増す場合は、目の内層の炎症の兆候である可能性があります。これらの痛みが目の充血やかすみ目などの症状で進行する場合は、遅滞なく眼科医に相談する必要があります。

やけどや刺すような感覚は他の病気を示している可能性があります

目に灼熱感や刺痛を感じたり、乾燥に灼熱感や水やりが伴う場合は、目に異物刺傷の問題が発生することがあります。灼熱感や刺痛感は、アレルギー性疾患、コンタクトレンズの問題、ドライアイ、ブドウ膜炎、まぶたの障害の前兆となることもあります。一方、まぶたの腫れは、通常、感染性眼疾患の兆候です。ただし、これらの腫れが絶えず発生している場合は、さまざまな臓器、特に腎臓に問題があることを示している可能性があります。

目とまぶたのかゆみに注意してください

アレルギー性の目の問題は、しばしば目のかゆみを伴います。これらのかゆみの原因には、異物による刺痛、炎症性眼疾患、環境内の過度の光、ガス、ほこり、花粉、さまざまな真菌、副鼻腔炎やインフルエンザなどのウイルス性疾患があります。これらに加えて、まぶたの障害も目のかゆみを引き起こす要因の中にあります。

眼科医に相談する必要があります!

一時的であろうと恒久的であろうと、視力低下、目に浮かぶ物体の見え方、光の点滅感、光の周りのリングの見え方、目の水やりなどの苦情がある場合は、専門家のサポートを受ける必要があります。

根本的な原因が治療法を決定します

目の充血の治療は通常、根本的な原因に基づいて決定されます。発疹の原因が微生物である場合は、抗生物質のドロップを使用できます。ただし、原因がアレルギーの場合は、抗アレルギー点滴を適用する必要があります。化学ガスや化学液体との接触の結果として発疹が発生した場合は、非常に迅速に行動する必要があります。治療の遅れは不可逆的な写真をもたらすかもしれないからです。そのような場合、最初の介入。目とその周辺をたっぷりの水で洗い、目に入った物質のパッケージを持って最寄りの保健所に申請してください。

これらの注意事項に注意してください!

一般的に、微生物の目の赤みから保護するために;

•感染症のある人は避けるべきです、

•これらの人々と一緒にタオルなどの身の回り品を使用することは避けてください。

•衛生規則に従う必要があります、

•屋外から来るときは手を洗う必要があります。

最近の投稿