Hbsagとは何ですか? Hbsagいくつあるべきですか?高低の原因

Hbsagの文字通りの意味はB型肝炎表面抗原です。血液検査で見つかるこの単語は、医学用語で見つかる単語です。テストの解釈には、その意味を知ることが必要です。

Hbsagとは何ですか?

B型肝炎の血液パネルを作成するために必要な血液サンプルは1つだけですが、最終的な診断を正確に行うには3つのテストが必要です。これらの検査の1つは、Hbsag、つまりb型肝炎表面抗原です。 HBsag検査陽性の陽性または反応性の結果は、検査された個人がB型肝炎ウイルスに感染していることを示します。この感染状態は、急性または慢性の感染症を示している可能性があります。感染者の体内のウイルスは、血液を介して他の人に感染する可能性があります。

Hbsagいくつあるべきですか?

慢性B型肝炎は、世界で最も一般的な健康問題の1つです。世界中で3億5000万から4億人がHbsagキャリアであることが知られています。慢性B型肝炎、CHB感染は動的です。ほとんど無症候性の経過を示すこの障害は、保因者または慢性患者を特定し、治療の必要性を判断するために注意深く追跡する必要があり、医療および公衆衛生にとって非常に必要です。

慢性B型肝炎-初期評価時; fmin、プロトロンビン時間afp、腹部usg、hbsag、antihbs、hbeag、antihbe、antihbclgG、Hbvdnaをチェックする必要があります。肥満、アルコールの使用、年齢、および病気は、病気の経過に影響を与える主な要因です。 Hbsag検査では、陰性または陽性であることが重要です。抗Hbsテストは、その人がB型肝炎にかかっているかどうかを判断します。アンチHbs値:

予防接種を受けていない個人の抗HBS値<5mIU / ml(陰性)

予防接種を受けた個人の抗HBS値は≥12mIU/ ml(陽性)でした。

一部の患者は、テスト結果に100または1000の高い値を見ることができます。これは、その人がウイルスに免疫があることを示しています。 Hbsag率は、年齢、性別、食事、人のライフスタイル、遺伝学、病気によって異なる場合があります。

推奨されるHbsagテストは誰ですか?

B型肝炎スクリーニングは、透析患者、複数の性的パートナーを持つ人々、静脈内薬物、B型肝炎の母親の赤ちゃん、ナーシングホームに長期間滞在する人々、定期的に採血する人々、血液製剤と接触している人々に推奨されます。と医療専門家。この文脈では、hbsagテストを行うのが正しいでしょう。

最近の投稿