妊娠中の適切な栄養は赤ちゃんの心臓を保護します

専門家は、毎年生まれる100万人の赤ちゃんのうち8人が心臓病で生まれていると述べています。妊娠中の母親が赤ちゃんが健康な心臓で生まれるために注意を払うべき多くの要因があります。それらの1つは、妊娠中の適切でバランスの取れた食事です。赤ちゃんの臓器が健康的に発達するためには、妊娠中の母親は妊娠中に必要なビタミンとミネラルの資源を摂取する必要があります。

心臓と骨の両方の発達のための毎日のヨーグルトのボウル

先天性心疾患は、子宮内の赤ちゃんの臓器の発達中に発生する状態です。妊娠中の母親が摂取するすべての食物は、赤ちゃんの成長と精神発達に影響を与えます。要するに、それは赤ちゃんの臓器、特に心臓の発達における妊婦のバランスの取れた栄養についてです。この過程で、カルシウム、鉄分、カリウムが豊富な母親の食事は、多くの健康上の問題を防ぎます。毎日1杯のヨーグルトを摂取すると、赤ちゃんの骨が発達し、カルシウムのサポートで心臓の健康をサポートします。便秘の問題を避けるために、本物のオリーブオイル小さじ1をヨーグルトに加えることができます。

カブのガラスと葉酸サプリメント

葉酸は、赤ちゃんの発育と神経管の閉鎖にとって非常に重要です。特に妊娠中の母親は、妊娠前の医師の指導を受けて葉酸を服用し始めます。この過程で、葉酸が豊富な食品も消費することができます。葉酸の最良の供給源は食物、マメ科植物です。妊娠後期に週に2回消費されるひよこ豆も、心臓の発達をサポートします。さらに、オレンジ、カブ、レタス、ビート、緑の葉野菜も、妊婦の葉酸貯蔵に貢献しています。

にんじんとドライアプリコットは妊娠栄養計画に含める必要があります

赤ちゃんが母親の子宮からさらされる悪い食習慣。心臓病など、将来子供が遭遇する可能性のある肥満、コレステロール、高血圧などの状態は、より早い年齢に達する可能性があることを忘れないでください。このためには、健康的な食事を重要視してください。カリウムが豊富な干しあんずやにんじんも、妊娠栄養計画に欠かせない食品です。ドライアプリコット4個と中型の生にんじん1〜2個を1日に摂取することで、子宮内の子供の臓器発達の健康、特に心臓をサポートします。

ゴマと鉄の店がいっぱいになります

この過程で、妊娠中の母親は間違いなくタンパク質が豊富な食品を摂取する必要があります。毎日1食の肉や魚を摂取すると、鉄分が増加し、心臓などの他の臓器の健康的な発達が保証されます。特にビタミンCと一緒に鉄を摂取することは非常に重要です。絆を深めるために、妊婦は肉にレモンを絞ったり、低脂肪の季節のサラダと一緒に食べたりすることができます。妊娠中の母親も週に2回シミットを摂取することができます。ここでの主な出所はゴマです。ゴマは、脳神経細胞と心臓の発達に効果的な栄養素の1つです。同時に、その鉄含有量も高いです。ただし、特定の曜日や毎日消費されますが、体重管理には少量の摂取が重要です。

健康な妊娠プロセスのために…

毎日2リットルの水を飲みます。

-ハーブティーを消費しないでください。

あなたの毎日のタンパク質とミネラルの摂取量に注意を払ってください。

スポーツ活動については医師にご相談ください。

カフェインの摂取を制限します。

家の外で野菜や果物を消費することは避けてください。

よくきれいにされた野菜、魚、果物を食べるように注意してください。

妊娠中の喫煙や飲酒は避けてください。

ファーストフードを食べないでください。

最近の投稿