シカモアの木の特徴は何ですか、それはどのように育ちますか?

森に欠かせない樹木のひとつであるプラタナスは、幅が広く背が高いのが特徴です。小川や川沿いのプラタナスに出くわすことができます。植えるよりも短時間で成長するプラタナスは、公園や道端の装飾に使われています。小さな種として植えられたプラタナスは雄大な木に変わります。その壮大な外観のために、それは芸術の多くの分野の影響を受けます。

シカモアの木の特徴

トルコでも育つプラタナスは、その長寿命と耐久性に定評があります。プラタナスの故郷は、アメリカ大陸の北部、そしてヨーロッパとアジアの東部です。かなり背の高いプラタナスは、太い幹や幅の広い幹を持っています。非常に耐久性のあるシカモアの木は、ほこりや土の影響を受けません。

プラタナスは非常に印象的で、日陰の多い木です。シカモアの木は、内部が乾燥していても生き続けることができます。プラタナスの寿命は1000年を超えることが知られています。老朽化したプラタナスは腐敗すると空になります。トルコで栽培されているプラ​​タナスの唯一の種は、プラタナスオリエンタリスとして知られている東部プラタナスです。

シカモアの木を育てる方法は?

プラタナスの発達は種子に由来します。公園や庭園で景観樹として使用されるプラタナスは、高さが非常に長いため、一定の間隔で植える必要があります。道端に植えることはお勧めしません。プラタナスは、その種類にもよりますが、10年から15年で成木になりますが、湿った土壌では成長しやすくなります。

肥沃で湿った土壌が好きなシカモアの木は、トルコのほぼすべての都市で育つことができます。春に植えられるプラタナスの種が必要とする温度は15〜20度です。シカモアの種は前夜に湿らせて準備する必要があります。噴霧は、真菌などの有害物質からの保護を提供するために行われます。種子は時折水をやった後に成長すると予想されます。直射日光の当たる場所では苗を作ることはできません。

最近の投稿