胆嚢ポリープはどのように形成されますか?

胆嚢ポリープは、胆嚢に蓄積する脂質と脂肪の過剰な産生によって引き起こされます。しばらくすると、胆嚢はこれらの脂肪を代謝することができなくなり、蓄積を引き起こします。胆汁に蓄積されたコレステロール含有量はポリープの形成を引き起こしますが、それは何の症状も示さないため、超音波検査中にのみ検出することができます。超音波で検査した後、胆汁からサンプルを採取することにより、ポリープが癌のリスクを伴うかどうかが明らかになります。研究によると、ポリープは、年齢、性別、体重、妊娠、胆嚢内の胆石の形成などのホルモンバランスなどの要因のために発症しません。すべてのグループの人々に見られる最も一般的なタイプのポリープは、粘膜コレステロールポリープです。これらのポリープは、過剰な量のコレステロールの蓄積によって引き起こされます。ただし、良性コレステロールポリープとは別に、10〜20 mmのサイズの腺筋腫、炎症による5〜10 mmの炎症性ポリープ、胆嚢腺腫、胆嚢の癌性腫瘍があります。 1 cm未満のポリープは無害ですが、時間の経過とともに胆汁酸塩が蓄積すると結石が形成される可能性がありますが、これらのポリープのサイズが1 cmに達すると、癌のリスクがあるため、外科的介入によって除去する必要があります。

胆嚢の炎症

最近の投稿