小児内分泌学とは何ですか、それは何を見ていますか?小児内分泌科の医師はどの病気を探していますか?

子供たちは常に成長と発達の傾向にあるため、小さな大人とは見なされません。多くの生理学的および心理的特徴は成人とは異なります。子供の初期段階で見られる内分泌の問題は、彼らが早期に治療されない場合、彼らの後の人生で深刻な問題を引き起こす可能性があります。子供の内分泌障害とホルモンの問題は、専門家によって追跡され、治療されるべきです。それで、小児内分泌科の医師はどの病気を探しますか?ここに答えがあります...

小児内分泌学とは何ですか、それは何を見ていますか?

ホルモンは、生物の多くの機能の適切な機能と発達にとって非常に重要です。たとえば、子供の正常な成長はホルモンに直接関係しています。内分泌科は、ホルモンとそれを分泌する腺で私たちの体の問題や病気を扱う医学の分野です。

小児内分泌学または医学の言語での小児内分泌学は、新生児期から18歳までの乳児、子供、および青年を扱います。

小児内分泌スペシャリストとは何ですか?

小児内分泌学者は、医学部を修了してから少なくとも3年間、小児内分泌学のトレーニングと5年間の小児専門トレーニングを受け、必要な試験に合格すると、小児内分泌スペシャリストになる資格があります。

子供の内分泌学はどのような病気を見ていますか?

成長の遅れ

-身長の短縮

-青年期初期、

思春期遅発症

-糖尿病(糖尿病)

-低血糖症(低血糖)

肥満

-甲状腺腫および甲状腺疾患(甲状腺機能低下症-甲状腺機能亢進症)

性分化障害

陰茎の問題

-副腎疾患

月経不順

-過度のピリング

-下垂体腺疾患

-ターナー症候群

ビタミンD関連疾患

-カルシウムおよびリン代謝関連障害

-くる病

最近の投稿