アーモンドミルクとは何ですか?アーモンドミルクの利点は何ですか?

アーモンドミルクとは何ですか?

アーモンドミルクは、挽いたアーモンドと水から作られていますが、種類によっては他の成分が含まれている場合があります。ほとんどの人が購入しますが、自宅でも簡単に購入できます。

増粘剤、防腐剤、甘味料は、風味、食感、貯蔵寿命を高めるために、ほとんどの市販のアーモンドミルクに添加されることがよくあります。

アーモンドミルク;ビーガンの人だけでなく、牛乳アレルギーや乳糖不耐症の人にも適しています。

ただし、アーモンドにアレルギーがある場合は、アーモンドミルクも飲んではいけないことを知っておく必要があります。

アーモンドミルクの利点は何ですか?

アーモンドミルクは1カップあたりわずか240カロリー(240 ml)で、牛乳やその他の植物ベースの飲料に比べて軽い飲み物です。

アーモンドミルクは、フリーラジカルによる損傷から体を保護するのに役立つ脂溶性抗酸化物質であるビタミンEの天然源です。

潜在的な欠点

アーモンドミルクには多くの利点がありますが、考慮すべきいくつかの大きな欠点があります。

アーモンドミルクのタンパク質含有量は非常に低いです。アーモンドミルク1カップ(240 ml)は、たんぱく質1グラムしか提供しません。タンパク質は、筋肉の成長、皮膚と骨の構造、酵素とホルモンの生成など、多くの身体機能に不可欠です。

1歳未満の子供は、牛や植物ベースのミルクを飲まないでください。これらの飲み物は赤ちゃんの鉄の吸収を妨げる可能性があるためです。

豆乳を除く植物ベースの飲料。当然、タンパク質、脂肪、カロリーのレベルが低く、鉄、ビタミンD、カルシウムなどの多くのビタミンやミネラルが含まれています。これらの栄養素は成長と発達に不​​可欠です。

アーモンドミルクは、1カップあたりわずか39カロリー、3グラムの脂肪、1グラムのタンパク質を提供します。これらの率は、成長する赤ちゃんには十分ではありません。

加工アーモンドミルクには多くの添加物が含まれている場合があります。

最近の投稿