ホルモン障害の症状は何ですか?

体の重要な機能に大きな影響を与える分泌物はホルモンと呼ばれます。座りがちな生活やストレスなどの要因によって引き起こされるホルモン障害の症状は、人生のさまざまな時期に遭遇する可能性のある症状の1つです。症状は、飲食、成長、発達などの体の重要な機能に非常に重要なホルモンに発生する可能性のある障害に対する兆候と見なすことができ、予防策を講じる機会を得ることができます。ホルモン障害の症状を調べることは、あなたの健康を守るという点で有益な効果に変わる可能性があります。では、これらの症状は何ですか?私たちはあなたのためにホルモン障害の症状をまとめました、あなたは私たちの記事を閲覧することによって情報を得ることができます。

ホルモン障害の症状

さまざまな要因によって発生するホルモンの障害は、あなたの人生にさまざまな問題を引き起こす可能性があります。知る必要のあるホルモン障害の症状を調べることで、この健康問題の副作用から身を守ることができ、予防策を講じることができます。

ホルモン障害の症状は何ですか?一緒に見てみましょう。

不当な体重変化

体の代謝に大きな役割を果たすホルモンに問題が発生すると、目に見える症状の中で不当な体重変化が最初に起こります。突然の体重の増減、おなかの脂肪が溶けないなどの問題は、特に甲状腺と副腎の変化によって発生するホルモン障害で発生する可能性があります。この期間中、消化不良や膨満感などの症状もあなたの人生に負担をかける可能性があります。

落ち着きのない気分と突然の変化

ホルモン障害の症状の中にあるもう一つの症状は、落ち着きのない気分と突然の気分の変化です。突然の喜びの発作やうつ病などの心理的プロセスは、ホルモン障害が原因で発生する可能性があります。

睡眠障害

人がいつ寝るべきかを決定する概日リズムは、ホルモンと直接関係しているホルモンです。このため、ホルモン障害は、不眠症、過度の睡眠、睡眠時無呼吸などの問題を引き起こす可能性があります。

性的欲求の喪失

ホルモン障害の別の一般的な症状は性欲の低下です。生殖器系に影響を与えるホルモンは、性的抵抗を引き起こす可能性のある健康問題として現れます。

ホルモン障害の他の症状

過度の発汗とほてり

脂性肌やニキビなどの肌トラブル

-物忘れ

頭痛と片頭痛

筋肉量の減少

膣の乾燥

-疲れ

体毛の増加

ホルモン障害は体重増加を引き起こしますか?

ホルモン障害について最も興味深い質問の1つは、ホルモン障害が体重増加を引き起こすかどうかという質問です。甲状腺の機能不全や副腎の過度の働きなどの原因で発生するホルモン障害では、人は思わず体重が増える可能性があります。そのような場合、その人は必要な検査を受けるために専門家に相談し、ホルモン性疾患があるかどうかを調査する必要があります。

人の体重増加を引き起こす3つの特定のホルモンがあります。これらのホルモンは次のとおりです。

-レプチンホルモン: 食べる量が少ないために血中で減少するレプチンホルモンは、脳を刺激し、食欲を増進させる効果があります。

-ビリシグレリンホルモン:胃から分泌されるイシグレリンホルモンが血液と混ざり合い、脳に信号を送り、食べたくなる。

インスリンホルモン: 糖質の多い炭水化物食品が原因であるインスリンホルモンが高い場合、体重を減らすことは困難です。これらの食品は、インスリンホルモンを減らすために避けるべきです。

最近の投稿