唇の増強についての10の神話

加齢に伴う模倣運動によるシワを防ぎ、唇にボリュームを与えるために作られたリップフィラーは、最近非常に重要になっています。上唇と下唇が出会うポイントに皮膚充填注射を適用することにより、ボリュームと輪郭の両方の唇を追加することを目的としています。唇のフィリングを適用する際には、鼻、唇、あごの構造の調和である黄金比を乱さないことが非常に重要です。専門医による処置は最も重要なポイントの一つです。しかし、唇のフィラーについてのいくつかの伝聞の誤った情報があり、特に女性は大きな関心と需要を示しています。では、これらのよく知られた間違いは何ですか?

神話1:「唇の充填は人工的な外観を与える」。

真実:唇に偽の画像を作成するアプリケーションは、人工の詰め物と唇のインプラントです。ある用量で適用される皮膚充填剤は、非常に自然な唇を提供します。さらに、注射の量を人に合わせて調整し、経験豊富な手で手順を適用すると、専門的な結果が得られます。

神話2:「唇の充填には副作用があります。」

真実:皮膚の充填を唇に適用すると、人によっては、赤み、軽度のあざ、腫れなどの生理学的変化が発生する可能性があります。ただし、これらの変化は、塗布後1〜2日以内に自然に消失し、リスクはありません。

神話3:「唇の充填の適用は苦痛な手順です。」

真実:今日の技術によってもたらされた革新のおかげで、充填注射中に痛みや痛みはありません。好ましい充填材料が局所麻酔を有するという事実はまた、手順の適用をより快適にサポートする。使用されている最新のテクノロジー製品は、プロセスの効率をさらに向上させます。

神話4:「唇の充填は永続的で不可逆的です。」

真実:唇の増強中に適用される皮膚材料は、永続的な特性を持っていません。充填材は、身体的特徴、生活習慣、外的要因などの理由により、時間の経過とともに体に吸収されるためです。ただし、このプロセスは平均8〜8か月間永続的です。

神話5:「唇の充填プロセスには長い時間がかかります。」

真実:充填プロセスは長くはかからず、逆に、専門の医師が適用した場合、わずか10〜15分で完了することができます。局所麻酔効果を提供するクリームは、手順の前に適用され、注射は15分後に開始されます。

神話6:「注射後数日間は液体のみを供給する必要があります。」

真実:唇の充填手順は、その後休む必要がなく、日中でも行うことができ、人はすぐに通常の生活に戻ることができます。さらに、あらゆる種類の液体および固体食品を消費することができます。最初の1〜2時間だけホットドリンクを飲まない方が、局所浮腫を防ぐという点でより健康になります。

神話7:「唇の充填手順は女性専用です。」

真実:男性は、女性と同様に、年をとるにつれて肌の弾力性を失います。喪失は、時間の経過とともに唇がたるむこととして反映されることもあります。このため、唇への塗布には性別による差別はありません。男女ともに唇の充填と注射が必要な場合があります。

神話8:「プロセスは数週間後にのみ見えるようになります。」

真実:皮膚充填剤は唇に注入されるとすぐに結果を出し始めます、何週間も待つ必要はありません。施術後に少し浮腫があったとしても、冷湿布で短時間で解消し、唇は理想的なボリュームに戻ります。

神話9:「唇の充填は唇の彫刻には寄与しません。」

真実:医師の専門知識と能力は、フィラーで唇を形作る上で主要な役割を果たします。カスタマイズされた唇のデザインは、適切な専門家と適切な注射技術で作ることができます。

神話10:「皮膚の充填と口の周りのボトックスは同じ効果を生み出します。」

真実:ボトックスは、口の周りの模倣運動によって引き起こされる動的なしわを取り除き、唇の充填は、長年にわたって発生する静的なしわを埋め、唇にボリュームを与えます。言い換えれば、唇の充填とボトックスの手順の結果は互いに異なります。

最近の投稿