ヒマワリの種に何が良いか見てみましょう!

ヒマワリの種は、ストレス、不安、うつ病、物忘れに対する有用な栄養素であることが研究によって示されています。月の種は、高カロリーの砂糖やその他の健康に問題のある代替食品に取って代わる、簡単に入手できる食品として際立っています。一握りのヒマワリの種を摂取することは、毎日の食物摂取の栄養価を高める上で重要な役割を果たします。

ヒマワリの種には、B1、B5、E、葉酸が含まれています。また、重要なミネラルのひとつである銅、マグネシウム、セレン、リンなどの健康食品も提供しています。たった1/4カップ(大さじ4杯)の穀粒で、これらの重要な栄養素に対するあなたの毎日の必要量の半分以上を満たすことができます。ヒマワリの種に含まれるオイルは、善玉コレステロールを増やし、心臓と心臓血管系を保護することができる心臓に優しいオイルの1つです。

パニック障害とうつ病に対して役立ちます

ヒマワリの種は強力な抗酸化物質であり、特に食品にビタミンEが含まれているだけでなく、心臓血管の健康を保護するのに役立ちます。ヒマワリの種の1/4カップは、ビタミンEの推奨1日摂取量の90%を満たしています。心臓血管の健康とコレステロールを維持するのに役立つ他の栄養素には、リグナン、アルギニン、フェノール酸が含まれます。これらの栄養素の摂取量を増やすことの利点を示す多くの研究があります。研究によると、ヒマワリの種はストレス、不安、うつ病、物忘れに効果があることがわかっています。

Exp。博士BahaMuratAydoğによると、トリプトファンとコリンはヒマワリの種に含まれる他の物質の中にあります。カボチャの種のトリプトファンにも含まれています。ストレス、不安、うつ病を軽減するのに役立ちます。一方、コリンは、特に記憶力の改善を助けることにより、脳機能の増加をサポートすることができます。ハーブ、ビタミン、ミネラルのこの豊富な組み合わせで、ヒマワリの種は驚くほど栄養価の高い食品として際立っています。

最近の投稿

$config[zx-auto] not found$config[zx-overlay] not found