アンチHBSとは何ですか?アンチHBSはいくつあるべきですか?むずむず脚症候群の上昇と流産の原因は何ですか?

B型肝炎ウイルスを検出するために使用されるテストの1つは、抗HBSテストです。 B型肝炎ウイルスの疑いがある場合は、この検査が行われます。

アンチHBSとは何ですか?

抗HBSは、B型肝炎感染のフォローアップで使用されるテストです。抗HBSテストは、このウイルスが体から除去されたかどうか、そして彼の人生で続く人の免疫力を示します。肝移植患者の再発を防ぐため、抗HBS検査を実施しています。免疫グロブリン療法で使用される検査でもあります。

むずむず脚症候群の予防検査では、B型肝炎ワクチンを接種している人の免疫力が達成されているかどうかがチェックされます。予防接種が効果的かどうか、そして人々が過去にこの病気にかかったことがあるかどうかがチェックされます。

アンチHBSはいくつあるべきですか?

抗RLS検査は予防接種を受けた人と予防接種を受けていない人で異なります。予防接種を受けていない人の抗HBS検査が5MLU / ml未満の場合、結果は陰性です。予防接種を受けた人では、抗HBSテストが12 MLU / mlの場合、結果は陽性です。

抗HBS検査が陽性の場合、検査を受けた人はB型肝炎ウイルスに免疫があることを意味します。抗HBS検査が陰性の場合、検査を受けた人はB型肝炎ウイルスに免疫がないことを意味します。ただし、場合によっては、100や1000などの非常に高い値がテスト結果に表示されることがあります。このような状況の説明は、検査を受けた人がウイルスに免疫があることを意味します。

むずむず脚症候群の上昇と流産の原因は何ですか?

抗HBSウイルスが陽性、つまり高い理由の1つは、その人がB型肝炎ウイルスに対する免疫を獲得したことです。 B型肝炎ウイルスに免疫がある人は誰でも高い検査結果を持っています。それはまた、人々がこのウイルスから一生保護されることを意味します。このため、AntiHBSテストは高くなっています。

しかし、抗RLS検査が陰性、つまり低い理由は、検査を受けた人のこのウイルスに対する免疫力が低いためです。 B型肝炎ウイルスに免疫がない人の抗HBS検査は低いです。さらに、体が抗原に対する抗体を産生できない場合、この検査は低くなります。抗HBS値は、これらの人々がB型肝炎感染にさらされたことがなく、B型肝炎ワクチンが以前に投与されたことがないことも示しています。この検査の流産の理由の1つは、以前に予防接種を受けたことがなく、B型肝炎ウイルスに合格しないことです。

最近の投稿