生後8ヶ月の赤ちゃんは何を食べるべきですか?

生後8か月の乳児は、徐々に自食習慣を身につけ始めます。生後8か月の乳児では、固形食への移行が始まると栄養が非常に重要になります。固形食品への移行は、消化器系に便秘やさまざまな問題を引き起こす可能性があります。このため、生後8か月の赤ちゃんの授乳には注意が必要です。

私たちは質問に対する答えを調査して集めました:生後8ヶ月の赤ちゃんは何を食べることができますか?生後8ヶ月の赤ちゃんは何を食べてはいけませんか?

生後8ヶ月の赤ちゃんは何を食べることができますか?

生後8ヶ月の赤ちゃんは一人で座ったり歩いたりし始めます。この期間中、赤ちゃんは自分の環境に敏感になり始めます。固形食品は生後8ヶ月の赤ちゃんに使用され始めています。自分で食べられるという合図を出し始めた赤ちゃんは、まず手のひらで、次に指で食べ物をつかもうとします。彼が食べる食べ物に触れ、見て、匂いを嗅ぐ機会があるとき。ハード/ソフト、コールド/ホット、辛味/ソフトの香りのコンセプトを感覚器官で拡張することにより、新しい世界を発見します。

乾燥豆

まず、8か月目に咀嚼能力が発達した赤ちゃんに乾燥マメ科植物を与えることから始めます。マメ科植物の摂取は、タンパク質の必要性を満たし、ビタミンやミネラルを豊富に含むために、赤ちゃんの食事において非常に重要です。

レンズ豆

レンズ豆には、鉄分、ビタミンB群、葉酸、そしてたくさんのミネラルが含まれています。赤身の肉とほぼ同じ栄養テーブルを持つレンズ豆は、赤ちゃんの健康的な栄養にとって非常に重要です。

レンズ豆が赤ちゃんにガスを発生させる可能性があると思われる場合は、前夜にレンズ豆を水中に保管することをお勧めします。前の晩に水に入れておいたレンズ豆を沸騰させてつぶし、赤ちゃんに与えることができます。

ニンニク

ニンニクは抗酸化物質であり天然の抗生物質であるため、赤ちゃんにとっても非常に重要です。

ニンニクを食事に加えて、赤ちゃんが病気になり、健康的な食事ができるようにすることができます。

また、赤ちゃんが8か月間にオメガ3を摂取することも非常に重要です。ただし、赤ちゃんの魚に餌をやるときはやりすぎないでください。

魚にはビタミンAとD、オメガ3脂肪酸が含まれています。定期的に魚を赤ちゃんに与えると、赤ちゃんの骨の発達、脳の健康、目の健康にプラスの影響を与えます。

パスタ、ブルグル、麺

赤ちゃんが生後8か月になったら、パスタ、ブルグル、麺にヨーグルトを加えて、赤ちゃんに与えることができます。

ただし、これらの食品に塩を加えないでください。

あなたが食べる必要がある食べ物に加えて、あなたが赤ちゃんの健康に悪影響を与えないためにあなたが赤ちゃんに与えてはいけない食べ物もあります。

この期間中、赤ちゃんに間違った食べ物を与えると、さまざまなアレルギー反応や健康上の問題を引き起こす可能性があります。このような逆境を避けるために、8か月の間に赤ちゃんに与えてはいけない食べ物があります。

これらの食品は次のようにリストできます。

1-いちご魚のシーフード

これらの製品はアレルギー反応を引き起こす可能性があるため、生後8か月の乳児への投与はお勧めしません。

2-牛乳

牛乳やその他の生乳製品もアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

3-肉加工品

サラミ、ソーセージ、ソーセージなどの加工肉、缶詰。化学物質の存在に加えて、脂肪とコレステロールが豊富であることが有害である可能性があります。可能であれば、1歳以降は使用しないでください。

4-バーベキューで調理された肉

魚の燻製やバーベキュー肉は、生後8か月の赤ちゃんに深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。

5-カフェインを含む食品

6-コーラ、ソーダ、酸性食品

以下のサンプル栄養メニュー表を使用して、生後8か月の赤ちゃんが健康的な方法で食事をするのに役立てることができます。

朝ごはん

-卵黄

無脂肪無塩ホワイトチーズ1スライス

全粒粉パンの半分のスライス、

正午

ヨーグルトパスタ

スナック

バナナ

イブニング

魚が骨から完全に離れた

このメニューを見ることで、赤ちゃんに与えるべきまたは与えてはいけない食べ物をメニューに追加したり、メニューを変更したり、赤ちゃんに与えたりすることができます。

最近の投稿