アクリルとは何ですか、その特性は何ですか?アクリルはどこで使われていますか?

アクリルは、高品質で耐久性のあるコーティングや絵画を作るために使用される合成樹脂と軟質アルカリ性ポリマー物質です。この物質は、その適用分野によって分類されます。

その優れた特性は、プラスチックや建築材料に使用できる溶剤ベースまたは水ベースのコーティングなどの防食剤のコンポーネントおよび布として使用できます。この物質は、加工および自動車産業でも使用されています。

アクリルとは何ですか?

アクリル樹脂製のコーティングや塗料の接着により、クロスコネクトシステムで実現します。エステル、アルコール、アミノ酸、その他のコーティング炭化水素などの添加剤を使用することにより、架橋が改善されます。透明で光沢のある外観と色の安定性、比較的良好な天候、耐薬品性、耐熱性、耐溶剤性、作業性と柔軟性、優れた物理的硬度と優れた接着性、周囲温度での速乾性、顔料の分散性などの特性を備えています。

アクリル樹脂は、水ベースのアクリルポリマーから溶液重合または懸濁重合によって作られます。したがって、使用中は液体でも固体でもかまいません。炭化水素の分散と排出を最小限に抑えるために開発されました。したがって、揮発性有機化合物の含有量が減少します。アクリル樹脂を架橋するために使用される成分は、コーティングの目的で使用される腐食防止剤の特性を決定します。

アクリルの特性は何ですか?

優れた光学的透明度と透明性を提供するアクリルは、温度変化に対して非常に耐性があります。

通常のガラスの最大17倍の耐衝撃性に耐えるこの材料は、ガラスの半分の重量の質量を持ち、精密機械加工に理想的な材料です。多くの異なる化学薬品に対して非常に耐性があるアクリルは、優れた光学的透明度と透明性を提供します。アクリルプラスチックは非常に透明で、優れた光透過特性を提供し、ガラスと同様に優れた光学的透明度を提供します。白色光の92%を透過できます。

アクリルはどこで使われていますか?

アクリルシートは通常のガラスの最大17倍の耐衝撃性を備えており、衝撃や衝撃による部品の破損に対して非常に優れた耐性を備えています。また、ガラスの半分の重量であり、敏感なコンポーネントの処理に最適です。アクリルの耐熱性は、食品および飲料の分析および試験装置の製造において理想的な材料です。

アクリルプラスチックは温度変化に対する耐性が高いため、医療用マニホールドやマイクロ流体デバイスの製造に最適であり、完全に加熱して拡散接着することができます。したがって、医療用マニホールドやマイクロ流体デバイスの製造に使用するのに理想的です。

最近の投稿