妊娠中の膣の洗浄はどのようにすべきですか?

妊娠中は、この期間中の感染性の不快感が赤ちゃんの健康を脅かす可能性があるため、膣洗浄の重要性が増します。したがって、妊娠中の女性は、9か月間のいくつかの清掃規則に注意を払う必要があります。

1-特に夏の間は、水分消費量の増加に伴いトイレの必要性が高まります。公衆トイレは旅行中や外出中は十分に衛生的ではないため、トイレに直接座らないことが重要です。ただし、この状況は妊娠後期に困難になる可能性があるため、座る場所を掃除した後、バッグに消毒用ワイプを使用することができます。

2-トイレの必要性を排除した後、膣の洗浄は常に前から後ろに行う必要があります。そうしないと、肛門内の細菌が膣に入りやすくなるため、感染症を引き起こす可能性があります。

3-洗浄の懸念から頻繁に洗うと、膣内の善玉菌が減少し、有害菌が増える可能性がありますので、常に膣を洗わないでください。

4-生殖器領域の洗浄に推奨される製品は、内部領域ではなく、外部生殖器領域専用であることを忘れないでください。

5-入浴後、膣を濡らさないように注意してください。そうしないと、高温多湿の環境を好むバクテリアが繁殖する可能性があります。

6-下着は綿で妊娠中は柔軟でなければなりません。タイトで合成の下着は使用しないでください。

7-妊娠中にホルモンバランスを変えると髪の成長が促進される可能性があるため、夏に海で泳ぎたい女性はワックスがけを避ける必要があります。そうしないと、埋没毛やさまざまな感染症が発生する可能性があります。ワックスの代わりにかみそりを好むことができます。

8-妊娠後1ヶ月から数ヶ月は月経があり、この過程で細菌の形成が増加するため、パッドの使用には注意が必要であり、頻繁に交換する必要があります。

血液の不適合の場合はどうすればよいですか?

最近の投稿