この「オートクチュール」とは何ですか?

オートクチュールはフランスの表現であり、概念的で実験的な高品質のファッションに使用されます。 Chambre de Commerce et d'Industrie de Parisは、このように宣伝したいファッションハウスのために1992年に1945年の法的原則を改訂し、次の基準を提示しました。パリ。ワークショップと70人のチーム…

オートクチュールファッションは、最高のものを生み出すための変化を象徴しています。最高級の生地、アンティークレザー、チェーンで編んだピース、24カラットゴールドなどのユニークな素材を使用…オートクチュールは、デザイナーに、既製のコレクションよりもはるかに権威のある、非現実的で想像上の優れたデザインを作成する機会を提供します。革新的な縫製技術、手縫い、ビーズ細工。

オートクチュールは数十億ドル規模の産業であり、ほとんどのデザインは製造に非常に費用がかかります。それにもかかわらず、彼の名声と名声(特に有名人が着用する場合)は、ファッションハウスに多大な広告を提供し、プレタポルテコレクションの売り上げを伸ばします。

パリは、ヴェルサイユのフランス君主制ファッションがヨーロッパの人々に採用された18世紀以来、オートクチュールとアパレルの両方でファッション業界のリーダーでした。世界中の裕福な女性がパリに買い物に行きます。フランスの仕立て屋は最高と認められており、生産された服は世界で最高です。

フランス人は本当にファッションを真剣に受け止めています。クリスチャン・ラクロワ、アデリーヌ・アンドレ、ジョルジオ・アルマーニ、シャネル、クリスチャン・ディオール、エマニュエル・ウンガロ、ジャン・ポール・ゴルチエ、ジバンシィ、エリー・サーブ、ドミニク・シロップ、フランク・ソルビエ、ジャン・ルイ・シェラー、バレンチノは、世界で唯一のオートクチュールファッションハウスです。フランス人によると。

イタリア人は独自のオートクチュールファッションハウスを持っています。 Valentino、Armani、Versaceなどのイタリアのブランドが多くのウェブサイトでオートクチュールとして提供されていることがわかります。ミラノとフィレンツェは、パリのランウェイショーと非常によく似た毎年恒例のピッティイマジンイベントを開催しています。実際、1951年2月12日にフィレンツェでマーキスジャンバティスタジョルジーニが主催した最初のファッションショーは、高級ファッション組織として発表されました。

取り残されないように、多くのアメリカ人デザイナーは、オートクチュールというフレーズを使用して、ロデオドライブと5番街にある専門店やギャラリーを指しています。生産された服はフランスやイタリアの基準をまったく満たしていませんが、このラベルはファッショナブルな顧客を彼らのドアに連れて行くのに十分です。

今日のパリはファッション業界でミラノ、日本、ニューヨークと競争していますが、ファッションの歴史のルーツはフランスとしっかりと結びついています。

最近の投稿