妊娠中の喉の痛みを防ぐ方法は?

  • いつものようにお茶を作ります(カフェイン抜きであることを確認してください)。小さじ1杯のレモンジュースと小さじ1杯の蜂蜜を加えます。暑いうちにかき混ぜて飲みます。のどを刺激するだけなので、熱くなりすぎないでください。
  • 沸騰したお湯に生姜のスライスを加え、いつものようにこの水でお茶を作ります。この混合物に小さじ1杯のレモンジュースを加え、熱いうちに飲みます。これはまた、一般的な風邪を取り除くのに役立ちます。喉の痛みの治療についての詳細をご覧ください。
  • ぬるま湯を取り、塩を加えます。この溶液でうがいをしますが、飲み込まないでください。混合物の塩分はバクテリアを刺激し、細胞の水分や体液のバランスを崩します。
  • バジルの葉などのハーブも、妊娠中の喉の痛みを和らげることができます。水で満たされたやかんに、15〜20個の砕いたバジルの葉を追加します。この溶液を沸騰させてから、濾してしばらく冷まします。あなたはうがいをするか、この解決策を飲むことさえできます。喉の痛みの治療法についてもっと読む。
  • 水を沸騰させ、スプーン一杯のシナモンパウダーを加えます。黒コショウ1つまみと蜂蜜小さじ2を追加することもできます。熱いうちにこの溶液を飲んでください。
  • 温かいミルクのグラスにターメリックのピンチを追加し、それを飲みます。必要に応じて蜂蜜を追加できます。これは、喉の痛みに対処するための最も古く、最も効果的な方法の1つです。妊娠は、女性が特に摂取するカルシウムの量を増やす必要があるプロセスであるため、ターメリックを含むミルクが喉の痛みを和らげる可能性が非常に高いです。喉の痛みの薬についてもっと読む。
  • 特に最初の3か月間は、十分な休息をとってください。これにより、風邪や喉の痛みのリスクが大幅に軽減されます。最初の学期の過労は妊娠をより困難にするだけです。
  • 妊娠中はバランスの取れた食事をしてください。正しく食べることで、あらゆる種類の感染症にかかるリスクを減らすことができます。健康な妊娠のための栄養についてもっと学びましょう。
  • 妊娠中は完全に飲酒や喫煙を避けてください。
  • 妊娠中は水分摂取量に常に注意を払ってください。体が脱水状態になると、風邪にかかりやすくなります。
  • 喉の痛みの薬を服用する前に、医師に相談してください。

上で見ることができるように、喉の痛みに関しては、妊娠はこの病気を捕まえるのに良い時期ではありません。妊娠中に喉の痛みを経験した場合、それを治療する最良の方法は自然療法を使用することです。ただし、喉の痛みが長引く場合は、凍傷などの重篤な病気や症状の兆候である可能性があるため、医師の診察を受けて症状の診断と治療を受けることをお勧めします。

妊娠する前に喫煙をやめる

最近の投稿