予防接種カレンダーの水痘ワクチン

保健省は、A型肝炎ワクチン接種後に水痘ワクチンが小児期の予防接種カレンダーに追加されたと報告しました。

保健省の声明では、小児期の予防接種カレンダーに水痘が加わったことで、予防接種を受けた病気の数が13に増えたと述べられています。

予防接種の重要性を指摘した声明の中で、次のことが指摘されています。「わが国で実施されている拡大予防接種プログラムの目的は、ジフテリア、百日咳、破傷風、はしか、風疹、おたふく風邪を治療することです。 、結核、ポリオ、B型肝炎、b型ヘモフィルスインフルエンザ、A型肝炎、水痘。目的は、関連疾患および侵襲性肺炎球菌疾患の蔓延、障害、および死亡率を低下させることにより、これらの疾患を制御または排除することです。この目標を達成するために、Health Transformation Programにより予防およびプライマリヘルスケアサービスの分野で重要な進展が達成され、定期予防接種研究が当省によって最も重要視されている問題の1つになっています。」

予防接種率は2007年以来96〜97%の水準にあると述べた声明の中で、この成功により、国内で予防接種によって予防できる病気の数が大幅に減少したことが指摘されました。

2002年には2200万TLであったワクチン接種予算は2012年には約4億TLに達し、すべての医療機関で無料でワクチン接種が行われたことが思い出されました。

-水痘とは何ですか?

声明の中で、水痘の90%は15歳未満の子供に冬と春の月に見られますが、それは軽度の経過をたどる小児疾患として知られていますが、特に乳幼児と成人で重症になる可能性があることが指摘されました。

この病気は、重度の皮膚感染症、皮膚の永久的な傷、肺炎、脳炎、さらには死などの深刻な合併症を引き起こすことがあります。ワクチンは、症例数を85%減らし、重度の水痘の症例を95〜100%予防します。報告。

水痘ワクチンは、帯状疱疹(夜熱傷)の病気の数年後に発生する可能性のある病気の予防にも重要であると言われています。

12か月目のすべての子供は、ワクチンの無料単回投与を受け、2012年1月1日以降に生まれたすべての子供に与えられます。

最近の投稿