生まれたばかりの赤ちゃんの栄養はどうあるべきですか?

赤ちゃんが生まれてから1回の母乳育児はどのくらいの期間必要ですか?

可能であれば、最初の30分以内、遅くとも1時間以内に母乳で育ててください。後で赤ちゃんは眠りに落ちたくなり、赤ちゃんを起こすのが難しくなるからです。赤ちゃんは最初の日は2〜3時間ごとに母乳で育てなければなりません。彼の睡眠が3〜4時間を超える場合、彼は起こされて母乳で育てられるべきです。 2〜3週間後、彼は空腹を感じ、目を覚ましてしゃぶりたくなるでしょう。

「ミルクが来ない」と心配して食べ始めても大丈夫ですか?

赤ちゃんが適切に配置され、母乳で育てられている限り、母乳が出ないということはありません。しかし、産後の不安を抱える母親では、赤ちゃんの飢餓を恐れて、粉ミルクを作る傾向が生じることがあります。このため、母親をサポートし、母乳育児カウンセラーのトレーニングと心理的サポートを母親に提供することが非常に重要です。

母乳はどのように再生されますか?

十分な水分を飲むことと休息することが最も重要な要素です。 1日に2〜3リットルの水または液体の飲み物を飲むだけで十分です。

ガスの苦情はいつ始まりますか?

健康な赤ちゃんに見られる不合理な泣き声を疝痛(ガスの痛み)と呼びます。赤ちゃんが2〜3週齢のときに始まり、4〜6週でピークに達し、ほとんどの場合3か月目と4か月後に経過します。それはしばしば夕方に止められない泣きの呪文の形で現れます。

赤ちゃんがガスを持っていることをどうやって知ることができますか?

絶え間ない落ち着きのなさや、リラックスするために母親を吸う欲求があります。この欲求は、摂食のためではなく、落ち着くためのものです。過剰な赤ちゃんは、その能力を超える母乳を受け取ったために嘔吐する可能性があります。腹部が膨満している可能性があり、赤ちゃんは腹部に対して脚を引っ張ってガスを放出しようとします。この時期は、泣き叫ぶ危機と絡み合っています。それは通常、突然の悲鳴の形で夕方と夜に発生します。

赤ちゃんのガスを防ぐ方法は?

母親が赤ちゃんに母乳を与えている場合は、ガスの原因となる食品に近づかないようにする必要があります。タマネギ、豆、カリフラワー、ブロッコリー、全粒穀物食品、キャベツ、オレンジ、レモン、グレープフルーツはガスを発生させる可能性があります。カフェイン入りの飲み物、チョコレート、お茶もガスを発生させる可能性があります。アレルギー性の母親が牛乳を含む食品を摂取すると、赤ちゃんに過剰なガス、下痢、発疹、鼻水、咳などのアレルギー症状が現れることがあります。この場合、授乳中の母親は自分の食事を見直し、しばらくの間これらの食べ物や飲み物に近づかないようにする必要があります。授乳のたびに、赤ちゃんのガスを取り除く必要があります。ガスの痛みがあるときは、両親は子守唄を口ずさみ、赤ちゃんを膝の上で歩かせるべきです。リズミカルな動きや継続的なノイズ(掃除機やヘアドライヤーの音など)は落ち着くことがあります。

最近の投稿