前立腺手術後の尿失禁の問題!

男性は女性より早く医者に相談します!

泌尿器科スペシャリスト教授博士トゥファン・タルカンは重要な点に触れました。「女性は特に、加齢の自然な結果として加齢に伴って発生する尿失禁の状況を受け入れ、医師への紹介率は低いままです。男性では、尿失禁への反応はこのようではありません。男性は通常、年齢を問わず、尿失禁の訴えを隠さず、解決策を模索しています。」

男性の尿失禁の最も一般的な原因の1つは、前立腺手術後に発生する尿失禁であると述べています。博士トゥファン・タルカンは次のように彼の言葉を続けました。 「前立腺切除後の尿失禁タイプは、前立腺手術後に発生する可能性があります。ただし、よりリスクの高い手術は、良性前立腺肥大ではなく、前立腺癌治療のための根治的前立腺切除術と呼ばれる手術です。良性前立腺肥大の治療のために行われた手術後、永続的尿失禁はゼロに近いと予想されるため、良性の前立腺肥大手術は、尿失禁のリスクの観点から非常に安全な手術であり、あらゆる種類の注意とケアにもかかわらず、尿を保持する筋肉が損傷する可能性があります。持続性の尿失禁は、2%から40%の間で変動する割合で前立腺癌手術後に見られることが示されています。

根治的前立腺全摘除術後の尿失禁のリスクに影響を与える要因は何ですか?オープンまたはロボットであることが尿失禁のリスクに影響を及ぼしますか?

これらの手術に関して私たちが遭遇する最も一般的な質問の1つは、ロボットによる根治的前立腺全摘除術と開腹根治的前立腺全摘除術の手術で尿失禁のリスクに違いがあるかどうかです。

実施された研究は、そのような違いがないこと、つまり、ある操作が別の操作より優れていないことを明確に示しています。一方、尿失禁のリスクに影響を与えることがわかっている要因は次のとおりです。

1)患者の尿路の解剖学的構造。これはすべての人で異なる可能性があります。

2)手術を行った人の経験、

3)癌の有病率と追加の放射線療法、

4)患者の膀胱機能に影響を与える糖尿病または他の疾患

良性の前立腺肥大は尿失禁を引き起こしますか?

男性の良性前立腺肥大による尿失禁に遭遇します。特に膀胱出口部を閉塞することによる良性の前立腺肥大は、膀胱の排出を妨害し、膀胱の筋肉が冒されている患者では、最初に衝動型になり、この状態が治療されない場合、長期的にはオーバーフロー型の尿失禁につながる可能性があります。

リスクは年齢とともに増加します

男性の年齢が上がるにつれて尿失禁の可能性が高まると述べ、教授。博士Tufan Tarcanは、年齢に伴う前立腺肥大は尿失禁に効果的であると述べました。一方、年配の男性のすべての尿失禁が前立腺に関連しているわけではなく、膀胱の老化も尿失禁につながる可能性があると彼は述べた。

尿失禁を防ぐために泌尿器科の管理に行くことの重要性を説明する、教授。博士トゥファン・タルカンは次のように彼の言葉を続けました。 「50歳を過ぎると、年に一度は誰もが不満を言わなくても、泌尿器科医の診察を受け、状況を早期に認識して予防できるため、日常的な泌尿器科の管理に力を入れています。

神経疾患も男性の尿失禁の重要な原因の1つです。

これとは別に、神経疾患は男性に尿失禁を引き起こします。一般に脳卒中として知られている脳血管イベントは、主要なものです。これらは突然の圧迫を伴う尿失禁を引き起こします。また、パーキンソン病、進行期糖尿病、多発性硬化症は、男性の尿失禁の原因の1つです。脊髄損傷や脊髄腫瘍、脳腫瘍などの他の神経疾患も尿失禁を引き起こす可能性があります。

男性には女性とは異なるタイプの尿失禁がありますか?

男性の尿失禁と言うとき、これらにはすべての異なるタイプの尿失禁が含まれているとしましょう。たとえば、ストレスタイプの尿失禁、咳、くしゃみを伴う尿失禁は、前立腺切除後の尿失禁と呼ばれる表に表示されます。脳血管イベントには過活動膀胱のような画像があります。言い換えれば、突然の切迫感および/または膀胱平滑筋の突然の収縮を伴って発生する尿失禁があります。同様の尿失禁は、多発性硬化症、すなわちMSで発生する可能性があります。パーキンソン病では、患者は自分の紡錘体を制御するのが難しいと感じています。突然の収縮による尿失禁をスピンクターが防ぐのは難しい場合があります。男性では、衝動型尿失禁とストレス型尿失禁の両方に遭遇する可能性がある」と述べた。

尿失禁の種類によって治療法は変わりますか?

男性の尿失禁問題の治療では、尿失禁の種類を最初に理解し、それに応じて治療法を適用する必要があると述べています。博士Tufan Tarcanは、ほとんどの尿失禁の問題は治療可能であると説明しました。 「治療法は根本的な原因によって異なります。例えば、根治的前立腺全摘除術の手術後、尿失禁の問題に対するルーチンとして、手術直後に骨盤底運動を開始します。ほとんどの患者はすでに一時的な尿失禁を経験しています。骨盤底運動は、これができるだけ早く治癒するのに有益です」と彼は言いました。

教授博士Tufan Tarcan氏は、次のように述べています。「前立腺全摘除術後の尿失禁私たちは主に、根治的前立腺全摘除術後の尿失禁において、骨盤底運動と括約筋強化療法を使用します。これらが成功しない場合、外科的治療が前面に出てきます。過活動膀胱に関連する尿失禁では、膀胱の筋肉を落ち着かせる治療に頼ります。」

治せない患者さんグループはありませんか?

「はい、実際にあります。確かに、尿失禁の患者のグループがあり、それを機能性尿失禁患者として分類します。これらの患者は、精神的または肉体的機能不全、すなわち非泌尿器科の理由により尿を漏らします。たとえば、重度の動員困難があり、ベッドから出ることができず、したがって起き上がれず、尿失禁を患っている患者がいる可能性があります。多くの場合、これらの患者は認知機能の低下、すなわち精神遅滞を持っている可能性があります。認知症、アルツハイマー病など…主な理由は、患者がトイレに行くトイレを管理できないことであるため、これらの人々には泌尿器科手術や治療が効果的ではありません。このような場合、この目的に適した患者用おむつ、膀胱パッド、または下着をお勧めします。」

最近の投稿