くるみジャムの作り方は?

クルミジャムは、他のジャムとは準備や製造が難しく、ライムクリームに入れて作られています。くるみが完全に熟す前に作ったくるみジャムを試してみると、素晴らしい結果が得られます。さらに、クルミジャムはあなたの新陳代謝と消化器系をスピードアップします。このジャムを作る間、手袋を使用することを忘れないでください。そうしないと、何週間も手からクルミの染みを取り除くのに問題が生じる可能性があります。くるみジャムの調理中にシャーベットを十分に厚くしない場合は、翌日最後の操作を繰り返すことができます。これがクルミジャムのレシピです...

材料:

-1kgの未熟なクルミ

-ライムクリーム1杯

-1kgの粉砂糖

-コップ6杯の水

-5クローブ

-レモンジュース大さじ1

くるみジャムの作り方は?

-生のクルミの殻を皮をむいて非常に薄くします。

大きな瓶に、十分な量の飲料水を入れます。

その水に-2日間座らせてから、クルミを1日3回、7日間水に変えて、飲料水に入れておきます。

水から取り出したクルミをライムクリームに1日入れます。

1日の終わりに、クルミを2〜3の水で洗い、少し柔らかくなるまで通常の水で約20分間沸騰させます。次に、冷水を濾して投入します

-鋭利なもの(つまようじ、串)でナッツを入れ、その中の苦い水を出させます。

水、砂糖、レモンジュースで厚いシャーベットを準備します。

-穴をあけたクルミを投げ、クローブと一緒に苦いジュースをシャーベットに抽出します。

-シャーベットが厚くなり始めたら、ストーブから取り出し、鍋をチーズクロスで覆い、太陽の下に1日置きます。

翌日、クルミの粒を濾し、シャーベットを再び沸騰させます。粘りが濃くなったらくるみを加えます。冷えるのを待ちます。

ジャムがよく冷えたら、瓶に入れて冷蔵庫に保管します。

ボナペティ。

最近の投稿