舌のヘルペス(口唇ヘルペス)

単純ヘルペスウイルスは、一般に口唇ヘルペスとして知られるウイルス性疾患を引き起こす致命的なウイルスです。ヘルペスの原因となるウイルスには、HSV-1とHSV-2の2種類があります。前者はほとんどの場合口唇ヘルペスを引き起こし、後者はより少ない場合に性器ヘルペスを引き起こす原因となります。口唇ヘルペスは唇、鼻、顎、舌、歯茎に発生する可能性があります。したがって、単純ヘルペスウイルスは、口唇ヘルペスの原因にもなります。これは、舌のヘルペスと、舌の周りの痛みを伴う口唇ヘルペスが特徴です。

舌ヘルペス、口唇ヘルペス、口腔潰瘍など、さまざまな名前で知られています。年齢や性別を問わず、誰にでも起こり得ます。舌ヘルペスはしばしば口内炎と間違えられますが、口内炎は簡単に治療でき、伝染性ではありません。しかし、舌ヘルペスは伝染性であり、それを治療するには抗ウイルス治療が必要です。

舌ヘルペス予防策

ヘルペスウイルスは直接接触することで広がる可能性があるため、感染者とのキスやオーラルセックスは避けることが重要です。 1日3回歯を磨き、デンタルフロスを使用して歯をきれいにすることにより、口腔衛生士を提供します。頻繁な歯科検診は、口腔衛生の維持にも役立ちます。この痛みを伴う感染症の症状は、抗ヒスタミン薬や他のコルチコステロイドを使用することで最小限に抑えることができます。舌にヘルペスの兆候が見られる場合は、痛みを増す可能性があるため、辛い食べ物を食べることは避けてください。

ヘルペスウイルスは、免疫力が弱い場合や深刻な病気にかかっている場合に攻撃する可能性があります。適切な予防措置を講じることにより、舌ヘルペスを予防します。ヘルペスを予防する食品について学びます。ヘルペスの食事療法に従い、栄養補助食品を服用して、痛みを伴う水ぶくれを舌から守ります。

あなたがあなたの歯について知っている間違い

最近の投稿