「インバージョン」療法で老化が遅れますか?

逆さまに立ちます!!

痛みを和らげ、姿勢を改善すると言われているこの治療法を試す前に、必ず医師に相談してください。

逆さまに立って姿勢を正し、老化を遅らせることができると言ったらどう思いますか?毎日、私たちは別の興味深い治療法に遭遇します。 「介入」または「ヘッドダウン」療法の歴史は紀元前400年にさかのぼります。ですから、まったく新しいものではありません。この方法は、痛みを和らげるために、医療専門家のベテランであるヒポクラテスによって最初に試みられました。そのメリットは「重力による身体への悪影響を防ぐ」と言われています。家に置いたり、センターで使用したりできる「反転ツール」を使って、1日数分間逆さまに立つことで、柔軟性、耐久性、バランス、鼻づまりを解消する場合でも。

私たちは重力でレースをしています

私たちが通常の姿勢で生活を続けている間、私たちの体にかかる重力の「下向きの圧力」は私たちの老化を早めます。一定の圧力で椎骨が収縮・短縮し、内臓がたるみ始めます。重力の悪影響により、脳への血液供給が減少し、血管を詰まらせることで精神機能の機能さえも危険にさらされる可能性があります。

解決策は逆さまに立つことですか?

ヘルシーリビングセンターの関係者は、1日に数分間逆さまに立つと背骨が伸びて整列し、重力の悪影響が軽減されると言います。逆の位置は椎間板への圧力を減らし、脊椎が正しく形を変えることができると言われています。したがって、臓器は元の位置に戻り、血流は短時間頭の領域に向けられ、静脈瘤への圧力が緩和され、脳への血流が加速されます。脳に到達する酸素と栄養素の増加に伴い、私たちが必要とする精神の明晰さが浮かび上がります。

最近の投稿