口腔および歯科治療における30の間違い

口腔や歯の健康を意識せずに私たちが犯した間違いは、結果を補うのが非常に難しい場合があります。しかし、私たちの社会では、すべての主題でそうであるように、歯科治療に関する伝聞情報を使って行動することは非常に一般的です。

健康な歯は、白くするときに間違った方法を使用すると失われる可能性があり、「誰もが口臭を持っている」などの誤った情報によって治療できるこの問題を取り除くことさえ考えられません。まだ口臭。これは、虫歯、歯周病、消化器系障害、副鼻腔炎、または上気道感染症によって引き起こされる可能性のある口の問題であり、人の社会生活の質を低下させる要因です。

子供の乳歯の早期抜歯は永久歯の困惑と顎骨の発達の悪化を引き起こすため、これらの歯を埋める必要があります。歯科治療について十分な認識がない親は、子供に詰め物をさせたくありません。とにかく新しい歯が来る場合。これらは、口腔および歯科治療で行われた多くの間違いのほんの一部です。

歯科医の補綴スペシャリストであるÇağdaşKışlaoğluは、口腔および歯科治療において私たちが正しいか間違っているかを知っている間違いを挙げました。

1-硬い歯ブラシはよりよくきれいになります。 (FALSE)

よく歯を磨きます。それはブラシの硬さではなく、ブラッシング技術に関するものです。一般的に中程度の硬さの歯ブラシを使用するのが適切です。硬すぎるブラシは歯を磨く可能性があります。

2-プレスとブラッシングはより良くきれいになります。 (FALSE)

押すことによるブラッシング;歯をきれいにする代わりに、それは私たちが「虫歯」と呼ぶ擦り傷を引き起こします。歯のエナメル質層が侵食されると、下の黄色い層が現れ、歯が黄色く見えます。さらに、強くブラッシングすると、歯の過敏症や歯肉退縮を引き起こします。

3-ホワイトニング歯磨き粉は歯を傷つけ、時間の経過とともに摩耗を引き起こします。 (正しい)

歯のホワイトニングとして市場で販売されているペーストは、実際には歯を白くしません。さらに、歯磨き粉や喫煙者向けに製造された練り歯磨きには大量の研磨剤が含まれているため、長期間使用すると歯のエナメル質に永久的な損傷を与える可能性があります。

4-重曹と塩でブラッシングしても歯は白くなりません。 (正しい)

重曹と塩は粗い粒状物質であるため、歯のエナメル質層を引っ掻いて侵食します。その結果、私たちが食べたり飲んだりする食べ物によって、歯はより短い時間で明るさを失い、歯は自然な色を失います。

5-歯磨き粉を使いすぎると、歯に傷が付きます。 (FALSE)

歯のエナメル質を引っ掻く;それはペーストの使いすぎではなく、使用されたペーストの大きな顆粒についてです。したがって、大きな顆粒のペーストを長期間使用することは避けてください。ブラシに塗るペーストの量は、「レンズ豆の粒」のサイズにする必要があります。

6-ペーストとブラシを濡らして、歯を磨く必要があります。 (FALSE)

歯ブラシは、ブラッシングする前に濡らさないでください。毛が濡れると硬さが失われるからです。ペーストを泡立たせるのに十分な液体も口の中にあります。

7-朝食前に歯を磨きます。 (FALSE)

朝食後と就寝前に、少なくとも1日2回歯を磨く必要があります。歯を磨いた後、舌を刺激することなく、舌の上面をそっと磨く必要があります。

8-審美的な歯は先天性であり、曲がった歯からの解放はありません。 (FALSE)

歯の変形の矯正は、歯が口の中にある限り、どの年齢でも適用できます。矯正治療またはポーセレンコーティング(ラミナ)のおかげで;歯があれば、年齢を問わず矯正することで美しく見える歯が得られます。

9-インプラントは顎骨に最も適切な方法で選択され、専門家がそれを行う場合、転倒のリスクは1パーセントに減少します。 (正しい)

10-すべての歯を取り除くことができ、インプラントをその場所に配置することができます。 (FALSE)

インプラントは、欠けている歯ではなく、顎骨に配置された人工歯根として定義できます。インプラントの適用は、創傷治癒に影響を与える全身性疾患と制御不能な心臓および糖尿病がある場合にのみ実行されません。

11-漂白剤などの洗浄剤で歯を磨くことは決して歯を白くすることはありません、それは非常に不健康です。 (正しい)

歯のホワイトニングは、歯科医の専門家の助けを借りて行う必要があります。伝聞情報で歯を白くしようとするのは非常に間違っています。

12-漂白は歯を黄色くします。 (FALSE)

ホワイトニングは、通常の歯の色をさらに明るくするために行われます。漂白の最初の期間では、コーヒー、お茶、タバコなどの要素を避ける必要があります。漂白を行う医師のアドバイスに従えば、漂白には副作用はありません。

13-歯石の洗浄は歯のエナメル質を損傷します。 (FALSE)

歯石洗浄は、専門の医師によって正しく適用された場合、エナメル質に損傷を与えることはありません。歯石洗浄工程では、歯の表面に属さない歯垢(歯垢、歯石)が歯の組織に損傷を与えることなく除去されるためです。

14-歯石が洗浄された後、さらに歯石が形成されます。 (FALSE)

定期的かつ正確なブラッシングは、歯石の形成を防ぎます。半年ごとの歯科医の管理のおかげで、私たちがうまく磨けない領域に発生する歯石は歯科医によって掃除されます。これも歯に害はありません。

15-口臭は誰にでもよく見られ、消えることはありません。 (FALSE)

口臭;それは、虫歯、歯周病、消化器系障害、副鼻腔炎、または上気道感染症によって引き起こされる可能性があります。これらの病気の治療の結果として、口臭を防ぐことができます。

16-歯科用X線は、自然界で受けた放射線よりも少ないです。 (正しい)

歯科用X線が受ける放射線は非常に少ないです。この放射線は、自然界で受けた放射線よりも少ないです。

17-取り外し可能な入れ歯を漂白剤に入れると、白くなります。 (FALSE)

取り外し可能な入れ歯を漂白剤に入れることは有害です。漂白剤は、プロテーゼの脆弱性を高め、その寿命を縮めます。入れ歯用の特別なクリーニングタブレットがあり、それらを使用する必要があります。

18-抜歯した20歳の歯の代わりに歯を作る必要はありません。 (正しい)

20年前の歯を抜いた場合、補綴歯を交換する必要はありません。

19-歯を磨きながら歯茎が出血するのは良いことです。 (FALSE)

歯磨き中の出血は歯肉炎の症状の1つです。遅滞なく歯科医に相談する必要があります。出血のために歯茎を磨かないと、既存の炎症状態が悪化します。患者は出血部分をよりよく磨き、治療のために歯科医に申請する必要があります。

20-歯痛があるときは、アスピリン、タバコ、ケルン、ラキ、塩を歯につけると痛みが止まります。 (FALSE)

アルコールとアルコール含有物質を歯と歯茎の領域に塗布した結果、歯茎に「アルコール-アスピリンのやけど」と呼ばれる合併症を引き起こします。歯に塗布される他の物質(タバコ、塩など)には、痛みを和らげる特性はありません。痛みは、現在の問題が修正されたときにのみ消えます。

21-抽出に使用される局所麻酔薬はモルヒネであり、中毒性があります。 (FALSE)

歯科で使用される局所麻酔薬はモルヒネを含まず、中毒性がありません。モルヒネは、医療分野で限られたケースで使用される薬です。

22-海外からのモルヒネで麻酔をしても痛くありません。 (FALSE)

今日の局所麻酔薬は特定の基準で製造されています。ヨーロッパ製である必要はありません。

23-男性と女性の歯科医の間に違いはありません。男が歯を上手に引っ張るようなことはありません。 (正しい)

24-乳歯は永久歯を導きます、歯は時間の前に抜かれません。乳歯が脱落した場合でも、充填を行う必要があります。 (正しい)

乳歯を早期に抜歯すると、下から来る永久歯に困惑が生じ、顎骨の発達が悪化します。したがって、落下しても充填を行う必要があります。

25-妊娠中にカルシウムが歯から除去されるため、歯茎が出血します。 (FALSE)

妊娠中の歯肉出血は、歯からのカルシウムの後退のために発生しません。出血の理由は、口腔ケアが適切に提供されていない場合、妊娠中のホルモンの変化の結果としての歯肉炎の形成または既存の歯肉炎の悪化です。

26-すべての妊娠は歯を取ります。 (FALSE)

すべての妊娠で歯の喪失が起こる可能性はありません。口腔ケアが十分に提供されていない場合、不治の虫歯の存在と歯周病の進行、歯の喪失が見られます。

27-妊娠中の歯科治療は赤ちゃんに害を及ぼします。 (FALSE)

緊急を必要とする歯科治療は、妊娠中のどの時期にも行うことができます。

28-腐った歯を抜歯した後、汚れた血液を排出する必要があります。抜歯した歯の場所を出血させるのは良いことです。 (FALSE)

抜歯後、抜歯腔への患者の介入の結果として、その領域の継続的な出血または血餅の除去は、抜歯領域の炎症を引き起こします。形成された血餅は保護する必要があります。

29-ブレースは子供だけでなく大人にも使用されます。 (正しい)

歯列矯正(ワイヤー治療)の最新の開発に感謝します。ワイヤー治療は、子供だけでなく成人の患者にも適用できます。

30-痛む歯を取り除くことは解決策ではありません。歯を治療し、できるだけ口の中に入れておく必要があります。 (正しい)

腐敗した歯には、可能な限りの治療を施す必要があります。機能的にも審美的にも、自分の歯より優れた補綴物はあり得ないからです。

最近の投稿