ハーブティーの摂取は妊娠中に有害ですか?

妊娠中にハーブティーを飲むことは一般的に無害です。しかし、胎児の健康のために、特に最初の3か月間は離れる必要があるかもしれません。これは、非常に危険な形成です。

避けるべきハーブティーには、治療効果のあるカバとセントジョンズワートがあります。さらに、月経周期をサポートするブラックコホシュは好ましくないかもしれません。

ラズベリーは、妊娠中に最も一般的に消費されるハーブティーの1つです。香油などの癒しのハーブのお茶もお勧めです。ドイツのカモミールティーは消化に良く、ミントティーは腸の病気に良いです。新鮮なジンジャーティーは吐き気を和らげます。乾燥ジンジャーティーはお勧めしません。

お茶の一般的な情報はこんな感じですが、かかりつけの医師に相談せずに飲まないことをお勧めします。実際のところ、妊娠と母親の体はそれぞれ異なり、病気は個人的なものであると考える場合は注意が必要です。

最近の投稿

$config[zx-auto] not found$config[zx-overlay] not found