彼は35年間透析治療を受けています

我が国では透析治療が一般的ではなかった時期に腎不全と診断されたヌレッティン・カンデミールは、彼の病気に関連するプロセス、プロセス中に経験した困難、そして35年間の透析の冒険について説明しました。カンデミールは次のように述べています。「腎不全と診断されたとき、イスタンブールには透析センターがありませんでした。その後、医師の指導のもと、1982年にアンカラに新しく開設されたセンターの最初の患者の一人になりました。私は腹膜透析から始めましたが、後に臨床透析に切り替えました。 1985年、アンカラの私の医者は、適切な腎臓が見つかったと言い、その後、死体から腎臓移植が行われました。しかし、3か月後、体は腎臓を受け入れず、私は再び透析に戻りました。 「私は35年間透析治療を受けています」。

透析はもう同じではありません!

カンデミール氏は、透析患者の平均余命は約6年であると述べ、次のように述べています。「35年間の透析治療中に、私は個人的に透析の進展を目撃しました。診療所で使用される透析装置は非常に重要です。さらに、透析装置だけを医師や看護師に関連付けるべきではありません。私が経験した経済的および道徳的な困難にもかかわらず、私は私が食べること、飲むこと、そしてすることすべてに細心の注意を払いました。私の人生を規律することが今日に来ることへの影響は素晴らしいです」と彼は言いました。

「トルコでの透析の機会はドイツよりも多いです!」

患者の目でトルコの透析の機会を評価し、カンデミールは次のように述べています。私が透析を始めた1982年、機会は限られていましたが、日々深刻な変化と発展がありました。実際、私は1992年にこれについて主治医に尋ねました。 「トルコの透析治療は他の国と比べてどうですか?それをさらに発展させることはできませんでしたか?...その時、彼は私に言いました。彼は、透析においてトルコはドイツよりも進んでいると述べた。

カンデミールは彼がフェティエに住んでいることを指摘し、彼の健康状態はとても良いと付け加えた。

Nurettin Kandemir

最近の投稿