あなたが常に疲れている20の理由!

1.落ち込んでいますか?脱力感、倦怠感、食欲不振が最も一般的な所見です。

2.最後に十分で質の高い睡眠をとったのはいつですか?大人は平均して1日7〜8時間眠る必要があります。成長期の子供は、9〜10時間以上眠るべきです。不眠症が体に睡眠中に十分に再生しませんか?

3.睡眠時無呼吸はありますか? :肥満患者とCOPD患者の最大の問題!睡眠中、呼吸は一定の間隔で停止します。これらの中断により、人は睡眠から覚醒するか、深く健康的な睡眠期間が妨げられます。人はベッドに横になりますが、苦労し続けます。絶対的な解決策が必要ですか。人生からのリスク要因!

4.なぜ栄養不良なのですか?食事量を減らした結果としてのエネルギー不足、倦怠感、低血糖は、人を疲れさせ、衰弱させます。何をすべきか:3食を適切に食べ、タンパク質と複雑な炭水化物の消費に注意を払うことで、生活はより軽く、より簡単になります。

5.貧血と闘っていますか?月経出血の最も一般的な原因は、過度の月経出血です。これは鉄欠乏を引き起こします。鉄は赤血球の構造に関与し、組織に酸素を供給します。不足しているもの(鉄、B12、葉酸など)を適切で適切な栄養に置き換えることで、解決策を見つけることができます。

6.カフェインを過剰に摂取していることに気づいていますか?神経質、脱力感、心拍数の増加、高血圧…カフェインの過剰摂取は倦怠感を引き起こします。カフェインを含む飲料、薬、コーヒー、お茶の過剰摂取は避けてください。

7.十分な水を飲んでいませんか?

8.シフトの仕事をしていますか?スリーピングエリアを静かで薄暗く保つことで解決策を見つけることができます。

9.食べ物にアレルギーがありますか?アレルギーの原因となる食品を検出することで倦怠感が治ることをご存知ですか?

10.心臓に注意を払ってください!特に運動や活動基準の状況の結果として、あなたは疲れています。ますます簡単なことをするのは難しいでしょう。あなたは遅滞なくあなたの医者に行くべきです。

11.糖尿病:高血糖は、細胞に侵入して代謝できないため、エネルギー源として使用できません。十分な栄養素を消費しているにもかかわらず、エネルギーがないまま体に疲労が生じます。薬物治療、食事療法、運動を適用する病気を制御します。

12.残念ながら、インスリン抵抗性はありますか?日中は、空腹発作、禁断症状、食後の睡眠、脱力感、倦怠感が一般的な症状です。

13.甲状腺機能低下症と倦怠感:代謝が遅くなり、体がだるく疲れ、体重が増え、体の組織の隙間に浮腫ができます。甲状腺ホルモンを外部から投与することで、体のバランスを取り戻すことができることをご存知ですか?

14.倦怠感は、尿路感染症が原因である可能性があります。尿の灼熱感、疲労感、脱力感は、緊急の排尿を感じることなく発生します。問題は、尿検査と抗生物質療法で1週間で解決します。

15.アルコールの摂取量が多すぎると、睡眠への移行や深い睡眠が妨げられるため、倦怠感が生じることをご存知ですか?

近年人気のあるビタミンD欠乏症は、脱力感や倦怠感の原因です。

16.女性の更年期障害:寝汗、ほてりは、ホルモンの不均衡の結果として倦怠感と脱力感を引き起こします。

17.癌:病気自体が化学療法、放射線療法、倦怠感を引き起こします。

18.治療中に抗うつ薬、アレルギー薬、高血圧薬、不安神経症薬、倦怠感に遭遇することがあります。

19.日常生活に欠かせないもの:慢性ストレス:過度の緊張による脱力感や倦怠感があります。

20.なぜチョコレートが倦怠感の解決策なのですか?セロトニンホルモン欠乏症:食欲と睡眠を調節します脳から分泌され、私たちが食べる炭水化物はインスリンと同時に一時的なセロトニンを放出します。

セロトニンが不足しているとデザートになり、チョコレートに含まれるトリプトフォンが脳内でセロトニンに変わり、幸せを感じます。

最近の投稿