「赤ちゃんは4時間も空腹のままにしないでください」

博士スペシャリスト博士ÖzlemBalは、生後2か月の赤ちゃんは絶対的なケアが必要であり、放っておかれた4〜6時間後に空腹と喉の渇きが原因で生命を脅かす発達が起こったと述べました。

バルはアナドル通信社(AA)と話して、コジャエリのゴルジュク地区で休暇中に母親が家に一人で残した結果、空腹と喉の渇きのために亡くなった赤ちゃんは「深刻な怠慢」にさらされたと述べた。幼児殺害行動として知られている実子殺害の概念の例として示されています。

バル氏は、出産後に子供を受け入れることができない母親もいるかもしれないが、9日間放置される赤ちゃんに出会うことはめったにないことを指摘し、「生後2か月の赤ちゃんは絶対的なケアが必要です。 4〜6時間後に彼の命を脅かす開発。」

ハニーは、代謝率の高い赤ちゃんは水分が失われやすく、肝臓は血糖値を特定のレベルに保つのに十分ではないと述べました。

放っておかれた赤ちゃんは4時間後に血糖値が下がり、水分が失われる兆候があると指摘し、「健康な赤ちゃんには授乳間隔を与えることはできませんが、母乳を提供する必要があります。赤ちゃんが要求するときはいつでも彼。赤ちゃんは30分または1時間ごとに授乳したいと思うかもしれません。」

「セルフケアを提供せずにそれを放っておいてはいけません」

バル氏は、事故のリスクについて、「4〜6時間以内に授乳しないと、健康に問題があると言っているが、この間、放っておいてほしくない」と述べた。親は常に赤ちゃんの呼吸を監視し、睡眠中でも問題が発生する可能性があることを忘れないでください。」

バル氏は、家族は小学校を卒業し、さまざまなニーズを満たした後にのみ、子供を家に放っておくことができると述べた。

「赤ちゃんにとって、一人で家を出るのは適切ではありません。セルフケアのスキルを身につけ、トイレの必要性を軽減し、事故の際に自分自身を救うために操縦する能力があれば、子供は一人でいることができます。これらのスキルの内訳は子供によって異なりますが、子供がセルフケアのレベルに達する前に、小学校を卒業する前に自宅で。放っておくべきではありません。」

オズレム・バルはまた、赤ちゃんを家に残して休暇をとる母親は一人ですが、赤ちゃんを受け入れない母親の中には、家族の親戚がよく観察する必要があると述べています。赤ちゃんのことを心配しないと、母親が子供を養子にしていることがわかります。「赤ちゃんの世話を移したいという願望は病的なものになる可能性があります。母親の親戚はこれに注意する必要があります。」

最近の投稿