つくし草とは?つくし草のメリット!

スギナは高さ25〜60cm、茎3〜6mmの種です。湿った土壌、畑の間、溝の岸で育ちます。多年生の草本植物で、主に湿気の多い湿地で育ち、最大50cmまで育ちます。苦味物質、サポニン、タンニン、ケイ酸、さまざまなアルカロイド、カリウムが含まれています。針葉が体から簡単に剥がれると乾燥が完了します。スギナの葉を茎からこすり落とし、カバーの上に置き、1〜2日間完全に乾かします。その後、細かく刻んで密閉容器に保管します。

トクサ草の利点

それはリウマチと不法な不満を減らします。

傷や切り傷の治癒を促進します。

それは血をきれいにします。それは消化器系を強化します。

体の抵抗を増やします。

髪に栄養を与え、フケを防ぎます。

口や扁桃炎に役立ちます。

それは腎臓をきれいにし、腎臓で形成された砂や石を注ぎ出すのを助けます。

慢性の咳に役立ちます。それは利尿剤​​と去痰剤です。

つくし草は何に適していますか?

その最も重要な特徴は、有機体のミネラルバランスを乱すことなく、体内に蓄積された水分を排出できることです。

腎臓、尿路、膀胱の炎症に効果的に使用できます。

ケイ酸の含有量が高いため、肺疾患、関節、皮膚、髪、爪に関連する疾患に使用する必要があります。

それはすべての皮膚病および後期治癒創傷のための湿布、洗浄または入浴添加剤として使用することができます。

また、血液循環障害、骨折による腫れ、脚の傷、皮膚障害にも使用できます。

リウマチや痛風の病気は代謝障害によって引き起こされる病気であるため、ケイ酸浴によって非常にプラスの影響を受ける可能性があります。

腰痛のための完全な風呂は非常にリラックスすることができます。

それは、扁桃腺、歯茎および口腔の炎症におけるうがい薬およびすすぎの形で使用されます。

お茶の治療法は、睡眠中の不随意の尿失禁と子供の失禁に対して適用されるべきです。

これは、前立腺肥大症や前立腺の炎症に対して使用できる主要なハーブの1つです。

つくし草の使い方は?

ホーステイルプラントの地上部分は、乾燥および煮沸され、お茶やうがい薬として、または外部で使用されます。お茶として飲むと多くの有益な効果を示します。さらに、ホーステイルを水中で沸騰させた後に得られた水は、湿疹、にきび、傷、沸騰、および毛根の炎症に対して外部で使用することができます。この水は、喉、扁桃腺、歯肉炎に対するうがい薬として役立ちます。

つくし茶の治療法

小さじ1杯の細かく刻んだトクサを中型の沸騰したお湯で沸騰させ、15〜20分間注入し、蓋をしてからろ過します。淹れたてのお茶を1日3〜4杯、空腹時または食事の合間に冷やさずに飲みます。

スギナの雑草は弱まりますか?

痩身には、特に浮腫除去剤で利尿剤であるため、ナトリウムの過剰摂取により水分を保持している人や、浮腫が過剰で体重が多い人には、トクサの効果が弱まります。

つくしハーブの害と副作用

既知の副作用はありません。重度の心臓病や腎臓病による浮腫に使用する前に、医師の承認を得る必要があります。

最近の投稿