抗生物質の副作用を減らす自然な方法

細菌に感染している場合は、抗生物質を服用すると健康を回復できます。しかし、これらの強力な薬(ペニシリン、アモキシシリン、テトラシリンを含む)は、酵母菌/真菌の増殖や消化器系の障害など、いくつかの不快な副作用を引き起こす可能性があります。

これらの副作用から身を守るための最初のステップは、抗生物質の不必要な使用を避けることです。抗生物質は、細菌感染症(連鎖球菌咽頭炎、尿路感染症、重度の副鼻腔感染症など)しか治療できないため、一般的な風邪、インフルエンザ、または気管支炎を引き起こすウイルス感染症に対しては効果的ではありません。副作用の不必要なリスクに加えて、抗生物質の不適切な使用は、抗生物質耐性菌の蔓延を促進し、後で不治の感染症に不治の状態を残す可能性があります。

しかし、抗生物質が必要な場合は、副作用のリスクを減らす方法を考えることができます。

抗生物質使用者のための補足ケア

抗生物質を使用しながらシステムをサポートする3つの方法:

1.プロバイオティクスサプリメント

抗生物質はあなたの病気を引き起こすバクテリアを殺すだけでなく、健康な消化器系に貢献する有益なバクテリア(プロバイオティクスと呼ばれる)も殺します。プロバイオティクスサプリメントを服用すると、抗生物質の使用によって引き起こされる消化器系の問題を防ぐのに役立ちます。また、ヨーグルトやケフィアなどの発酵食品にも見られるプロバイオティクス酵母/酵母感染症の除去にも役立ちます。

2.ハーブティー

抗生物質の服用中に吐き気がする場合は、ジンジャーティーを飲んで胃を落ち着かせてみてください。抗生物質を使用している患者の最も一般的な苦情の1つである下痢は、ラズベリーティーを飲むことで軽減できます。

3.ブルソーン

抗生物質を服用すると肝臓に負担がかかる可能性があり、それが飲み込んだ薬を分解する原因となります。ブルソーンは、肝臓の抗酸化作用に関連しています。

細菌感染を防ぐ

健康的な食事をとり、定期的に運動し、十分な睡眠を取り、リラクゼーション法でストレスをコントロールすることで免疫システムを強化し、細菌感染のリスクを減らし、抗生物質を使用する可能性を減らすことができます。
抗生物質の使用

最近の投稿